2018年12月13日

答えを持って

自分の答えを必ず持つこと
これは社内での決めごととなっています

2つの選択肢があった時
それを誰かに伝える時には「この二つがあり、私はこれがいいと思います。何故ならば○○だから」といったように自分はどちらなのか、それは何故なのかを明確にするようにしています
その選択肢が合っている、間違っているももちろん重要ではありますが、どちらが良いのか決める時、それが何故かを伝える時には、その前に自分で深く考えることが大事なのです

自分で考えることにより、多くの情報を知ることが出来たり、人の考えを学ぶことも出来ます
誰かに決めてもらっているようでは、いつまで経っても成長はありません

何事にも自分の答えを持つ
そうやって、人として組織として成長していきます


new_river at 06:35|PermalinkComments(0)

2018年12月12日

キャッシュレス

日本でもキャッシュレスの普及が加速しています
中国やアジア諸国では電子マネーやクレジット決済のみで、現金で支払うことが出来ない店も増えているようです
日本も近い将来にそうなるかもしれませんね

電子マネーは買い物だけでなくいろんなことが出来ます
グループで飲食した際、割り勘であれば電子マネーでそれぞれが支払うことだって可能です
人にお金を渡す事だって出来ることから、いずれは子供や家族内での小遣いなどのやり取りも電子マネー化するのではないかと思っています

そんな時代に乗り遅れることがないように私も今時の電子マネーでキャッシュレス化としています
コンビニやお店、飲食店などで電子マネーが利用出来る場所ではスマホをかざしての支払をしています
財布を持たなくても支払い出来るのはとても便利ですし、利用履歴を見ることが出来るので、いつ、どこで、何を買ったのかを振り返ることも出来ます

これから一気に増えると思われるキャッシュレスのお店
益々、便利になりそうですね
ご利用は計画的に


new_river at 06:41|PermalinkComments(0)

2018年12月11日

慌てなくても大丈夫

消費税が増税されるにあたり、駆け込み的な志事の依頼が増えています
同じ家を建てるのであれば、少しでも出費が少ない方がいいと考えるとこんな状況になることは十分に理解出来ます

政府は、一時的に増加する駆け込み需要と増税後に減ってしまうであろう状況を予測し、増税後であっても実質負担が増えないように対策を講じています
すまい給付金を20万円増額、住宅ローン控除の拡大と期間延長
今明らかになっている控除等は特に新築住宅を取得する際に有効であり、2000万円ほどの新築取得で中ターローンの利用があれば増税後に工事をしても今建てるのと総額は同じくらいになると思われます
この様な制度があれば、今慌てたり、計画を前倒ししてまで建てなくても大丈夫です

また、現在は需要が多いことから商品の値上げもジワジワと始まり来年早々から増税時までは資材、人件費共に高騰が予想されます
来年10月以降は需要が落ち着くことが予想されますので、価格も下がり傾向となり、ひょっとすると今よりもお安くなるかもしれません
判断が難しいかもしれませんが、新築住宅をご検討の方は慌てずに考えても大丈夫かと思います

一方、リフォームは今のところ控除や補助金などは増税後も今と変わりませんので、増税分の費用が増えてしまいます
リフォームをご検討の方は増税前に工事される方がいいかもしれません

まだ状況は変わるかもしれません
その都度お知らせしていくようにします
詳しいことを聞きたい方はお気軽に問い合わせてください


new_river at 06:39|PermalinkComments(0)

2018年12月10日

元気の元

社会人になって28年目
まだまだだと思う気持ちと、いつの間にといった気持ちがあります
まずは、これまで健康に生きてこられたことに感謝です

社会人になって病気で休んだことは一日もありません
それだけではなく、いつもフルパワーで志事をしていますので、その元気の秘訣は何なの?と聞かれることが多いです
考えてみても、これといった元気の元が分かりません
おそらく、私の元気の元は志事ではないかと考えています

今は志事が楽しくて仕方がありません
嬉しいこと、楽しいこと、駄目なこと、嫌なこと
人間なのでもちろんあります
それを全てひっくるめても楽しいのです
これは自分の気持ち一つ
気持ちをどう持って生きているかが大切なのです

目の前のことばかりに捕らわれず、ちょっと先を想像しているだけで楽しい
そんな人生をこれからもおくっていきます


new_river at 06:47|PermalinkComments(0)

2018年12月09日

ご無沙汰しております

この時期はお客様宅へプロデュースのカレンダーをお届けとご挨拶回りに伺っています
一年に一度の機会なので、出来る限りお客様がご在宅のタイミングを見計らって訪問させて頂いています
「ご無沙汰しております。ご不便お掛けしていることはございませんか」とお声掛けさせていただき、修理が必要なことがあれば確認したり、その場で修理したりもしています

プロデュースにて志事をさせていただきましたお客様は、突然の訪問にもかかわらず皆様とてもあたたかく迎えてくださり感謝しかありません
更には、志事のご依頼をいただいたり、ご紹介をいただいたりと、これほどご無沙汰しているのにかかわらず嬉しいことばかりです

まだまだ200軒以上回らなければいけないのですが、一軒一軒心を込めて伺わせていただきます
我が家にはまだ来てないぞ!と思っている方
必ず伺いますので今しばらくお待ちくださいませ
それでは、本日は雪が降る中ではありますが行ってきます

new_river at 08:43|PermalinkComments(0)

2018年12月08日

最終責任者

経営者に必要なこと、それは何かと尋ねられたら

私の答えは責任と覚悟です

責任を持つ覚悟があるかどうか
逃げることも隠れることも誰かに押しつけることも出来ない最終責任者が経営者

今朝のテレビで65歳以上で起業されている人が増えていることを知りました
現代は廃業の数より、起業の数の方が多いようで法人数が増加しているそうです
志を持って起業することは条件や年齢ではなく、とても素晴らしいことだと思います
そして、ずっと存在し活躍を期待するところです

今の時代、新しいことを始めるために会社を作ることは容易いことです
一昔前のような資本金の制限もないのでお金が無くても会社を作れます
よって、会社の数が増えているのだと思われます

私はこれから激動の時代になると予想しています
その時代の中で成長し続ける、そして必要とされる会社とすることが私の使命です
最終責任者としての自覚と覚悟を持ってこれからも努力を惜しまずに経営をしていきます


new_river at 06:51|PermalinkComments(0)

2018年12月07日

ビフォーアフター

久しぶりとなりますが、工事のご紹介

20181126_101240
ご依頼は玄関引き戸の取替
元々は木製の玄関引き戸となっていましたが、風が吹くとガタガタと揺れたり、すきま風が入ってきたりするということでアルミ製で頑丈な引き戸にして欲しいとのリクエスト

20181206_152610
3日間の工事にて玄関引き戸の取替、柱などの塗装をして風合いのいい玄関となりました
今までも室内から外を眺めることが出来たので、今回はガラスを透明とし、更には断熱性の高いペアガラス(LOW-e仕様)となっていますので、これですきま風はもちろん入らず、暖かい玄関となります
自らの手で最後の清掃を行い、お引き渡しをさせていただきました

お客様もとてもお喜びの様子なのでよかったです
なかなか紹介出来ていませんが、私もそれなりに工事現場を管理させていただいています
特にこの様なビフォーアフターが分かりやすい志事は好きです

新築のみならずリフォームも是非プロデュースへご相談ください


new_river at 07:01|PermalinkComments(0)

2018年12月06日

楽しむ

何事も楽しむ
同じ事でも楽しめる人、楽しめない人

楽しめる人は自ら楽しもうとして楽しんでいる
楽しめない人は自ら楽しもうとしていない

どうせ生きるのであれば楽しみたい、いや、楽しんでいきたい
人が楽しませてくれる人生ではなく、人を楽しませる人生でありたい
この人がいたら楽しくてしょうがない、この人はいつも楽しんでいる
そう思われる人でありたい

楽しむも楽しまないも自分の心で決めることが出来る
だったら、楽しむ方がいい
楽しみは連鎖、伝播し、人の心や気持ちをも明るく前向きにすることが出来る
だから楽しむのです

人生は楽しいことばかり
今日も楽しいことがいっぱい


new_river at 06:29|PermalinkComments(0)

2018年12月05日

詳細に

一年に数回程度ですが、相見積もりを提出することがあります
建築の場合、設計図や仕様書などがあれば同じ内容での金額比較は出来ますが、内容がそれぞれだと比較しにくいのが現状です
結局は合計金額の比較となることが多く、どこまで含まれて、どれが別なのかが分かりにくいことも多くあります

これは分かりにくいだけでなく、不親切であると思っています
プロデュースの見積書は詳細を表記し、数量と単価が表示されています
どうしてこの合計になっているのかが詳細によって分かるのです

意外と詳細を表記している建築業者は少ないのが現状です
見積書が紙一枚の場合もあるようです
ちなみにプロデュースの見積書は新築住宅であれば40〜60ページほどとなり、お客様にも理解して頂ける書き方を心がけています
よって、例えば床材を変更するとどの位の差額となるのかがお客様自身でも計算出来るようになっています
額面が大きいからといって、丼勘定になるのではなく、大きな金額は詳細金額の合計でしかありません

これからも分かりやすく、かつ詳細にを徹底していきます

new_river at 06:48|PermalinkComments(0)

2018年12月04日

時短

時間短縮を意識して行動する
時間短縮は、ただ頑張ればいいのではないとこの歳になって気づいています
時間短縮とは、無駄な動きを無くすことだったのです

同じ事を同じやり方で進めていては同じ時間を要してしまいます
行動を検証することで、無駄な動きや、無駄に考える時間を見つけ、その時間を省いたり改善する
こうなるとこれまでよりもより多くのことが出来たりします

いつも時間に余裕があるなと感じる人は、無駄が無く、時間の使い方が上手い
いつも時間がないと追われている人は、自分の時間に対する意識が無い

私はかなり不器用なのと、結果として無駄な時間を多く要してしまうので、いつも時間に追われがちです
毎日の終わりに、その日一日を振り返り、これでいいのか、改善出来ることはないかを考えています
少しずつですが、同じ時間に出来ることが増えているように感じています

人に平等に与えられた限りある時間
時間を意識して、より短い時間で、より多くのことを進める
そんな自己改革をしていきます

new_river at 06:46|PermalinkComments(0)

2018年12月03日

お任せ

「お任せ」と人から頼まれたらどう思いますか?

ありがたいと感謝するのか
重いとか大変だと思うか
面倒だと思うか

任せられるということは、任せても大丈夫と思ってもらえているから
だから、任せられることを喜ばなくてはいけません
そして感謝の気持ちで任せてくださる人に応える必要があるのです

次に任せられたらどこまで出来るか
言われたことだけをするのか
言われた以上のことをするのか
任せられた内容と求められていることを考えて、それ以上に何が出来るかを考えて応えることで相手の期待を越えることが出来ます

期待を越える応えが出来れば、任せた人は更なることを任せてくれるようになります
任せられることは、期待を越えることで、自らの大きなチャンスになるのです
志事でも多い「お任せ」
しっかりと考え、期待以上に応えることで、志事の幅や深みはどんどん大きくなっていきます
こうやって人は成長していくのでしょうね


new_river at 06:26|PermalinkComments(0)

2018年12月02日

みんなでまちをつくる

みんなとまちづくり
私は町や街と表現せず「まち」と表現しています
町と街はいずれも形のあるハード的な表現だと思っていますので、まちとしています
そして、これからのまちづくりはハードを生かしたソフトをどう磨くかだと考えています
約20年前からいつかまちをつくりたいと思い始めました
その頃の日本は人口も世帯数も増え続け、空き家もそれ程無く、今の状況は予測していませんでした
あれから20年、環境は大きく変化してしまいました
日本の人口と世帯数はピークを越え、減少の一途
空き家も増え続け、今や全国平均でも10軒に1.3軒は空き家
地方に至っては空き家率が30%を越えるところも少なくはありません
この状況を何もせずに放っておくと、いずれ誰もいない場所が増えていくことは容易に予測出来ます

今、やらないと

この思いが強く、そしてこの町を守るため、あわよくば賑わいを創り出すために志事の傍らではありますがライフワークとしています
誰かが指揮を取って進めなければ動かないとすれば、他人事とせず自らが動けばいい
そう思い、まちに熱い思いを持つ方々と賑わいのあるまちを創造し、まちづくりをしています

20181130_203724
大きな地図を広げ、まちの見どころをマーク、点にしています
お寺や飲食店が意外と多くあったり、通ったことが無い道があったり、知らなかった見どころがあったり
この時点で発見は沢山あります
まちづくりは今ある場所を生かし、その点を線で結ぶこと
地道かもしれませんが、みんなと語り合いながら、まちづくりを進めています
いずれはいくつかの見て回りや食べ歩きなどのコースをつくり、楽しめるまち、住みたくなるまちとなるように楽しみながら進めています

現在は射水市と高岡市で3箇所のまちづくりに関わっています
一緒にまちをつくりたい
そう思う方はお気軽に声をかけてください

new_river at 07:10|PermalinkComments(0)

2018年12月01日

暮らしを描く

新宿のリビングセンターOZONEにて開催中の「デザイナー岩倉榮利の世界」展覧会を見てきました
20181129_121423
感想を一言で表現すると感動です

20181129_122846

20181129_122754
これまでデザインされた椅子の中から50点をセレクトされ会場を埋め尽くしています
30年以上も前にデザインされた椅子が、時代や流行を感じることなく今もなお輝き続けているのはとても素晴らしく、岩倉先生の人柄が溢れているようです

岩倉先生とはご縁がありまして、公私ともとても親しくさせていただいています
そんなこともあり、いろいろなお話しを直接伺うことも多く、その話しの中で私も大事にしていることは
「物(家具)をデザインするのではなく、暮らしをデザインすること」
いわゆる物作りではなく、コトづくり
物売りではなく、コト売り
私も設計者の端くれながら設計する際は、図面を書くのではなく、お客様家族の暮らしをイメージして、そのイメージを設計として描くことをずっとしています
だからかもしれませんが、プロデュースの建築には岩倉先生がデザインされた家具をご提案させて頂くようにしています
ただ格好良いとか、丈夫だとか、安いとかではなく、暮らしの中に家具がどう溶け込んでいくのかが必要なのだと考えています

この展覧会は12月6日まで開催されています
この機会に是非岩倉ワールドに触れていただければと思います
わざわざ東京まで行く甲斐は絶対にあります

20181129_153450
今回は同時開催で水栓メーカーのSANEI水栓さんの展示会もあります
なんと、水栓金具も岩倉先生のデザイン
これまでの水栓金具の概念を大きく変えそうです
これも暮らしからデザインされた水栓金具であることを感じずにはいられません
こちらは同建物の1Fに展示されています
合わせてご覧ください

とても刺激の多い東京での視察でした
この経験を志事に活かしていけるように努めていきます



new_river at 07:05|PermalinkComments(0)

2018年11月29日

外国人に

昨日より展覧会出席と町並み視察で東京に来ています
いろんな場所に行き、自分の目で感じてくることが出来ました

それはさておき、お台場のデッキから風景を撮影しているとアンケートのようなバインダーを持った日本人の女性から「Excuse me」と声をかけられました
何と答えればいいのか・・・
「あっ!日本の方ですか?」と確認される始末
一体どこの国の人に見えたんだろう
実は2週間ほど前にも富山空港で荷物のターンテーブルで待っていたところ、空港の係らしき腕章をした女性から「Can you speak japanese?」と声を掛けられました
今月だけで2回も外国人に間違えられてしまいました
しかも日本なのに
いずれの声を掛けた人も「失礼しました」と逃げるようにその場を足早に去っていきました
昨日はスーツを着ていたのに、きっと顔立ちと風貌が東南アジアなのでしょうね

昔から見た目が怪しいと言われたり、話せばいい人だねと言われたりします
噛めば噛むほど味が出る
見た目を変えることが難しいので、そう思われる人でありたい

今日は間違えられませんように
東京楽しませていただきます




new_river at 07:20|PermalinkComments(0)

2018年11月28日

アフター

建築にはアフターがつきもの
形ある物なので壊れたり、都合が悪かったりすることは必ず起きてしまいます
私たちは、そんな時や困った時に声を掛けてもらえる存在であり、出来る限り早く駆けつけて対応することが使命と責任だと思い、志事をさせていただいています

対応のスピードと精度には自信があります
そしてアフターフォローが現在の志事に繋がっているのも事実です
建築は建てるまでではなく、建ててからが大事であり、建ててからこそがお客様と私たちが良い関係になれるかどうかであると思っています

困った時にすぐに駆けつけたり、気軽に相談に応じてくれる
プロデュースはそんな企業を目指していきます


new_river at 06:24|PermalinkComments(0)

2018年11月27日

CHECK

いつもと同じことをしていたら、いつもより良い結果は出ない
逆に考えると、結果が良くならないのはいつも変わっていないから
このループにはまっている人は意外と多い

結果を良くしたいと思って考えや行動を変えてはみるものの、結果が変わらないとすれば、その考えと行動は結果とは関係ないか、本当の結果が出る前に諦めて止めてしまっていることがほとんどです
結果を変えたいと思うのであれば、考えと行動だけではなく、検証が必要となります

PDCAでいうところのCHECKが重要なのです
チェックとは検証や分析で、途中経過の段階で軌道を修正したり、スピードを変えていくことで目指すべき目標に確実にたどり着くためには欠かせないことなのです
チェックなく行動し続けていても変わらないものは変わらないのです

成功者は常にチェックして行動を変化させる
失敗者は同じ行動をずっと繰り返す

成功するためにはチェック、改善は必須
自らの課題としていきます



new_river at 06:31|PermalinkComments(0)

2018年11月26日

知っていたらお得

「知らなきゃ損」
よく使われる言葉です

現代では
「知っていたらお得」
この言葉があっているのかもしれません

インターネットの普及により情報がありすぎる社会となり、欲しい情報が取りにくくなりつつあります
そしてその情報は真実なのかどうかも分からなくなる時があります

行ったことのない場所へ旅する時
「今日は何を食べようか、何が美味しいのだろう?」と考えたら、スマホで検索をします
個人のコメントなども参考にお店を決めることがあるのですが、その評価どおりかどうかは行ってみないと分かりません
そしてネット上には知っていたらお得な情報が沢山あるのです
クーポンサイトやモニターなどもあり、知っていたら同じ食事を半額で食べることが出来ることもあるようです

きっと、まだまだあるお得な情報
時代はどんどん進化していますね
いい情報をお待ちしています

new_river at 06:30|PermalinkComments(0)

2018年11月25日

冬の準備

秋も終わりに向かい少しずつ寒くなってきました
今年の冬は暖冬と予想がされていますが、どうなるのでしょうか

富山での建築業は冬になると雪が降りますので、作業スピードが落ちてしまいます
毎年のこととはいえ、この時期は冬に向けての準備をしています
具体的には雪が降り出す前(12月半ば頃まで)に新築の上棟を行い、年末までに雨風が建物内に入ってこないところまで終わらせて、1〜2月の雪が降る時期に建物内の工事を行う予定を組むのです
今年も年末までに複数棟の新築住宅の上棟を予定していますので、これで来年の春までは雪の影響を受けることも少なく志事が出来そうです

毎年の事ながらこの時期に冬の準備を怠ってしまうと、失業状態になりかねません
早めの準備と今の内にやるべきことを進めていくこと
そして春からの準備も同時に進めていきます

万全の対策と準備
そんな環境を常に作り続けていきます


new_river at 07:04|PermalinkComments(0)

2018年11月24日

放生若狭屋様リニューアルオープン大盛況♪

昨日より始まりました、かりんとう饅頭でお馴染みの射水市の菓子屋、放生若狭屋さんのリニューアルオープンイベント
開催は11月25日までです
お得な内容が盛りだくさんのオープンイベントなので是非行ってみてください

私は会社として工事をさせていただき、更には社長とは同じ歳でこれまでもずっと仲良くさせていただき、いつも経営の話しや相談などをしている仲なのでイベント初日のお手伝いをしてきました

20181123_085800
新湊らしくオープニングは獅子舞
最後にはきりこ(子供達)がギャラリーにお菓子の振る舞い(もちろん放生若狭屋製のお菓子)
派手にオープンを飾ってくれました

20181123_090011
そしてお店がオープンすると同時にこの状況
一気に数百名が押し寄せます
こんなに沢山の人がどこにいたのかと思うくらいの人、人、人

20181123_090501
店内はあっという間に身動きすら取れないほどに
レジにはお店が閉店するまで長蛇の列がついていました

私はというと外でガラガラポン抽選会とかりんとう詰め放題の受付
こちらも店内と同じくらいに終日賑わいました
かなり寒かったので天候での人の入りが気になりましたが、そんなことは全くありませんでした
むしろ、これで晴れていたらどうなっていたのかと思うと。。。

ちなみに店内はこんな感じで仕上がっています
20181123_075255
全体的にナチュラルに木をふんだんに使用しています
落ち着いた雰囲気が和菓子にピッタリ

20181123_074553
今回は店内全面リニューアルなのでこれまでの雰囲気とは全く変わりました
是非、お菓子のついでに建築もご覧いただければ幸いです

放生若狭屋リニューアルオープンイベントは25日まで
先着のプレゼントもありますので午前中がお勧めです
かりんとう饅頭、富山米カステラ、富富富の団子などなど話題のお菓子も沢山あります
是非、お店に行ってくださいね


new_river at 06:53|PermalinkComments(0)

2018年11月23日

放生若狭屋様リニューアルオープン!

46511388_377979762743288_4855766815130779648_n































今日(11月23日)より3日間、射水市善光寺(ホテル第一イン新湊向かい)の放生若狭屋様にてリニューアルオープンイベントが開催されます
無料のプレゼントやお買い上げプレゼント、かりんとう詰め放題などなどお得な内容が盛りだくさんのイベントです
本日限定で地元獅子舞の演舞もあるそうです
私も微力ながら本日はイベントのお手伝いでお店に入ります
是非、遊びに来てください

今回のリニューアル工事はプロデュースにて施工させていただきました
リニューアルの感想もお聞かせ頂ければありがたいです
それではお店にてお待ちしております


new_river at 06:43|PermalinkComments(0)

2018年11月22日

知ること

昨日は日帰り東京で住宅関連の展示会を見てきました
一年で10回ほど富山、東京、世界の展示会を見るようにしています

展示会を見る目的はいくつかあります
・最新の商品、価格、性能
・今年の流行(デザイン、色、形、サイズ)
・これまで無かった物
・これまでからリニューアルしたところ

まずは実際に自分の目で確かめることが必要であると思っています
インターネットが普及している現代では、情報はまずネットで確認することも多いので、今回の展示会でもWEBや雑誌などで見たことがある商品も多く展示されていました
その商品を実際に見て触れることが出来る機会が展示会なのかもしれません

いろんなことを知ること
知ってさえいれば、どこかでその情報が役に立つかも知れません
逆にいうと役に立った時に、あの時この情報をしっていてよかったと思えるのかもしれません
これからもいろんな場所に出向き、多くの情報を仕入れていきます



new_river at 06:36|PermalinkComments(0)

2018年11月21日

カリスマから悪者へ

カルロスゴーン氏が逮捕されました
約20年前に経営難に陥っていた日産自動車を再建させたのは、紛れもなくカルロスゴーン氏です
その時から今日まではカリスマ経営者と呼ばれていましたが、一瞬でどのテレビや新聞を見ても一律に悪者扱い
報道を見る限り、要らない人、過去の人のように扱われています
これだから日本の報道が嫌いなのです
もちろん悪いことをしたのはダメなのですが、今日、日産自動車が存在していることには経緯を表さねばなりません

私は日産がどの様に立て直ったのか、社長として何をどのようにしたのかとても興味があり、当時書籍を読みあさりました
その時知って、それから実践していることが今でもあります
それは社員が出社する2時間以上前に会社に入り、みんなが来るまでに重要な事項や今日の準備を終えることです
朝の2時間で8割のその日の仕事を終わらせるということです
その日から出社時間を30分早めたことを思い出します

私にとってはカリスマ経営者です
今回の件は残念なことではありますが、これからの日産自動車の状況を見守っていきたいと思います


new_river at 06:52|PermalinkComments(0)

2018年11月20日

口だけにならないように

言ったことは実行する
常にそうありたい
何故なら口で言っているだけでは何も変わらないから

言うことはとても簡単ですが、行動して変えることは簡単ではありません
かといって行動しないから言わないでは、これまた何も変わることはありません
口で言うだけにならないように、言ったことを行動する習慣が必要です

こうすればいい、こうするべきと思うことは毎日のようにあります
自分だけで出来ることであれば、自分の行動をすぐに変えることが出来ますが、相手が居たり、チームや組織など複数名の場合はお互いの行動と変化が分かるように進めていく必要があります
そして最後は目指すべき結果を出す

言うだけの人にならないよう、行動して結果を変えていけるように意識して努めていきます

new_river at 06:33|PermalinkComments(0)

2018年11月19日

大工さんが減っていく

現在、大工さんは全国で約32万人ほどいます
約10年後には今よりも10万人ほど減ると予想されています
この背景には、人口減少に伴う新築住宅の減少もあるようですが、そもそも大工さんになりたいといった人が少なくなっているのが現実のようです

子供が将来就きたい職業ランキングでは、小学生では大工は上位にランキングされるも、中学生になると圏外となってしまい、大人になるとほぼ無くなっているのが現状です
このままの状態が続くとどうなるのだろうと心配が大きくなります
プロデュースの大工さん達は30歳代〜40歳代が中心です
ここ10年はほぼ固定なので、その当時は20歳〜30歳だと思うとこの先10年後には平均年齢が10歳上がることになるかもしれません

将来のなり手が少ない理由に、仕事の大変さ、複雑さ、危険、低賃金などが考えられますので、もっと価値を認めてもらえるような職業に育たなくてはいけないと感じています
大工さんはお客様の夢と希望を形にするために必要な存在です
特に日本の大工さんは技術が高いので、機械やAIで出来るものではありません

私は大工こそこれからの日本を作っていく大事な職業だと思っています
なりたいと思われ、技術を継承する素晴らしい職業を絶やさぬように今出来ることを考えていきます

new_river at 06:47|PermalinkComments(0)

2018年11月18日

理想に近づく

アンケートなどに名前を書いたらその晩、営業マンが家にやってきた
昔は住宅営業といえばこの営業方法が主流でした
必要とされているかどうか分からない人への営業はしたくない
相手にも嫌がれれることもあるし、自分でも気乗りはしない
そんな思いを持っていましたので、プロデュースを創業する際は押し売り的な営業しなくても成り立つ会社を目指しました

しかしながら実績もなく信用もない無名の会社なので、数百万や数千万の依頼を受けることはなかなか出来ません
小さな志事からコツコツと真剣に取り組み、実績と信用を積み重ねることでお客様からの紹介などが来るようになりました
いつかは紹介とお客様によるリピートが志事の中心でありたい
そう思い、志事をし続けて15年以上が過ぎました
今では志事の9割以上がこれまで工事をさせて頂きましたお客様のご紹介とお客様によるリピートのご依頼となっています
創業当時、理想としていた姿に近づいています
お客様にはとても感謝しています

しかしこれで満足したり、この状況に甘んじたりすることはありません
まだまだ出来ること、やるべきことは沢山あります
これまで以上にお客様に喜んでいただき、必要とされるように、そして私たちも志事を通じて喜べるように
そんな会社を目指していきます


new_river at 07:56|PermalinkComments(0)

2018年11月17日

キャッシュレス

ここ数年凄いスピードでキャッシュレス化が進んでいます
すでにお金を払うことが出来ないお店も出てきているみたいですね
数年後には、財布を持たなくても生活出来る時がやってきそうです
お小遣いも電子マネーであげることになるのでしょうか
なんだか便利さが向上して物足りなさを感じてしまいそうです

いつかキャッシュレス化になると分かっているので、時代に乗っていかなければ出遅れてしまいそうです(既に出遅れの感は十分にあるのですが)
取り急ぎ、コンビニや飲食店、買い物の支払をスマホのお財布機能を利用して払える設定をしてみました
使ってみるととても便利です
財布も小銭も出さなくていいのです
スマホさえあれば財布が無くても買い物に出かけることが出来、会計時にスマホをかざせば簡単に物が買えるのです
怖いのは翌月に来る支払い

ますます便利が増えていく社会
上手に利用していきたいものです






new_river at 06:48|PermalinkComments(0)

2018年11月16日

全てをプラスの時間に

いつも前向きな話しと行動をしていたい
これをプラスの時間として、自ら、そして周りにもプラスの影響を放っていきたい
プラスで満たされた空間では、何事もプラスに考えようとする空気がある
そこにいるだけで、どんなことでもプラスとなる

私はマイナスなことを考えない、言わないようにしています
マイナスは人にもマイナスの影響を与えるだけでなく、マイナスの話しに人を付き合わせることは更に無駄だと考えているからです
一般的にマイナス要因であっても、それをどの様にプラスに転換するのか
プラスかマイナスかはその人の捉え方によって変わるのです
そうであるならば全てをプラスに捉えて考え、行動するべきだと思っています

プラス思考でいると全てにワクワクする楽しいイメージや気持ちが生まれてきます
それをもっとプラスにするために何をすればいいかを考えると更にワクワクします
何かを始める時は明確な目標とワクワクする気持ちが大事なのです

いつもプラスに!
そんな毎日としていきます


new_river at 06:12|PermalinkComments(0)

2018年11月15日

創造力は想像力から

創造すること

そのために必要なことは想像すること
想像が出来るからこそ創造が出来る
同じ読み方の言葉ですが意味が全く異なります

そしてその全てが考える力
AI(人工知能)が発達してきていますが、AIはあくまでこれまでの経験や実績などのデータから考えるとすれば、人の想像力と創造力は、未知なる可能性を考えることが出来ます

想像力の豊かな人は、どうなるのかを頭の中でイメージすることが出来る
創造力の豊かな人は、そのイメージを更に膨らませることが出来る
どちらもいつもワクワクと楽しんでいる人が多いかもしれません

想像し、創造する
イメージする力と楽しくする考えを養っていけるように日々を楽しませていただきます


new_river at 06:09|PermalinkComments(0)

2018年11月14日

素直さ

見方、接し方、受け止め方
全てに対して素直さはとても大事
まずは素直に受け止めてみて、どうするかはそれから先のこと
素直さが無いと受け入れることが出来なかったり、自分の価値観だけで判断してしまい、結果として成長するチャンスを逃すことが多い

成長していく人を見ていると人の話をしっかりと聞き、メモを取るなど、受け入れる姿勢が整っています
一方、成長しない人は人の話を上辺で聞き、受け入れる気持ちがない
ただこれだけのことで成長が全く変わるのです

素直さは若さとは違います
幾つになっても持っていたいものです
しかしながら歳を重ねるにつれ、人から言われることは少なくなっていきます
若い内は多くの人がいろんなことを教えてくれる
だから若い内から素直さは持っている方がいい

いい歳になってしまっている自分は、教えてもらうためにいろんな話しを聞きに行ったり、見たりする機会が増えました
素直さをいつも持ってどんどん吸収していき、まだまだ成長していきます


new_river at 06:45|PermalinkComments(0)

2018年11月13日

バランス

今流行っているコト、売れているモノ
その共通点は何かと考えた時に、バランスだと私は思っています

一昔前は格好いいとか、可愛い、使いやすい、便利の一つでも当てはまるとヒット商品として売れていました
しかし最近では一つの要素で売れることは少なく、使いやすくて格好いいとか、可愛いけど便利とか複数の要素が組み合わさっているモノが支持されています
更にはその二つ以上の要素のバランスが取れているのです
この絶妙なバランスこそが、これからのビジネスにおける売れるキーワードだと思っています

建築でいえば、機能性が高く、デザイン性も良く、性能も高い、そして価格が安い
これだけの要素が揃えば売れる可能性は大きく高まります
何が支持され、何が売れるかさえ分かれば、自社に足りていないのは何かを見つけ、その部分を補い、バランスを取っていくことで売れるようになるのです

このバランスを取るのは簡単なことではありません
全てが同じではなく、お客様という相手に合わせて、バランスを変えていくことも必要です
このバランスがとれた会社や人が、今の時代良い成績を上げているのかもしれません

バランス力を身につけられるよう、いろんな視点から見ていけるように努めてみます

new_river at 06:42|PermalinkComments(0)

2018年11月12日

思考を変える

出来ない、無理だ
こう思ってしまった時点でおしまい

これは私が社会人として、経営者としてとても重要にしている事項です

もちろん、現実的な無理難題やそもそもやるべきではない事もあるので、全てを出来ると思うということではなく、出来る可能性があったり、やり方を工夫すれば出来ることを出来ないと思うことはダメだということです

物事はまずは思考という頭の中で考えることから始まります
その際に出来る出来ないを考えるのではなく、どうやったら出来るのか、どう進めればいいのかだけを考えることが大事です
ひょっとするとこの時点で、人との差がついてしまうのかもしれません
人の差は能力の差ではなく、思考の差であるとすれば、思考を変えていけばいい

思考は行動となり、行動が結果となる
まずはポジティブな思考から
ここを変えることから始めていくことで、良い結果が出せると信じています


new_river at 06:41|PermalinkComments(0)

2018年11月11日

うっかり

うっかりしてブログを書くことを忘れていました
今日(日曜日)は氷見ショールームでの志事です
家からお客様宅へ直行しての打合せ、その後オフィスでの打合せ、その後資料をまとめたり、おやつを食べたりし、PCの電源を入れて、今日のブログを書いていないことに気づく

いつもと違う動きをしたこともあり、すっかりと抜けておりました
改めて習慣の怖さを感じています
毎朝、出社してメールチェックの後にブログを書くことを決めています
いつもと違う朝を過ごすだけで10年以上の習慣を忘れてしまうとは不覚です

うっかりが増えてきているので、まめに手帳に記入するのですが、その手帳を見忘れるといううっかりも増えています
これを年齢のせいにせず、改善方法を考えていきます

明日からはちゃんとした内容のブログを書きますのでお許しください

new_river at 14:56|PermalinkComments(0)

2018年11月10日

確認

確認を怠らないようにする
急いでいたり、確認をせずして恥をかくことがある
例えば、慌てて資料を作り、確認無くそのまま説明しようとすると誤字脱字などのあることに気づく
例え一つの誤字であっても、相手からの信用を失うこともあります

私の志事は建築が中心なので大きな金額を表示することが多いので、信用を失ってしまうとその代償も大きくなりますので提出する資料は特に気をつけて確認するようにしています
何事においても確認することは大事で、その時間は決して無駄な時間にはならず、むしろ確認しない方が結果として無駄な時間となることが多い

確認は2回も3回もを習慣化して、確実な志事をしていかなくてはと心しています
一つ一つの小さな行動から、信用が高まっていくことを大事にしていきます

new_river at 07:22|PermalinkComments(0)

2018年11月09日

進化

ずっと休み無く志事をしておりましたので、しばしお休みをいただきました
以前であれば、その間会社のデスクには未処理の資料や伝言などが山のようにあった記憶がありましたが、ここ数年は会社、お客様、工事現場の進捗状況がメールやLINE等で随時伝えられ、状況の確認やどうすればいいかなどを伝えることも出来ており、いろんな面での進化を感じています
この進化は技術的な部分もありますが、頑張ってくれるみんなの進化でもあります

どれだけ技術が進化して便利になっても、人が進化していなければその技術の価値はありません
連絡するツールが充実していても、連絡をするということを怠っていれば意味がないということです
技術の進化はどんどん進んでいるので、人としても進化していく必要があると思っています
人は意識して行動することで無限に進化していけます

年齢とか経験とかは関係ない
進化しようとする気持ちと行動があるかどうか
昨日と同じ事を考えて、昨日と同じ行動をするのではなく
昨日より進化出来ることを考えて、昨日より進化した行動をする
地道ですが、この毎日こそが人の進化に繋がっていくのです

昨日より今日、今日より明日
一日一日を積み重ねていきます




new_river at 06:53|PermalinkComments(0)

2018年11月03日

地域の発展と共に

プロデュースがある高岡市牧野地区は大型住宅地などの開発もありここ数年で人口が急増しています
小学校が全学年一クラス分増築され、保育園が新設され、若い人も増えている地域です
会社としてもこの人口増にあやかり、新築やリフォームを数多く工事させて頂いています

今日はこの牧野地区最大のお祭りの日
校下の人が一番多く集まる日でもあります
プロデュースでは毎年恒例となりましたが、わたがしの販売を行います
遡ってみると2005年より毎年参加していますので今回が14回目となります
約10年前に購入したわたがし機も気持ち的には元を取った感じです
私はわたがしを作りつつ、いつもお世話になっている地元の方々へのご挨拶が役割

地域の発展と共に会社も成長させていただいています
いつも感謝の気持ちを持って、今日も一日わたがしを作ります

10時〜14時頃まで牧野公民館付近でやっていますのでお時間のある方は是非、遊びに来てください


new_river at 07:17|PermalinkComments(0)

2018年11月02日

まずは自分で

建築はお引き渡し後もお客様と長いお付き合いがあります
その一つに都合が悪い部分を修理したりするアフターがあります
プロデュースのアフターは基本的には即日対応を心がけて動いています

例えば設備が壊れた、都合が悪いと連絡を受けると、まずは症状を確認して自分で直せそうだと思ったら道具を持参して自分たちで修理を行います
メーカーや修理業者さんに依頼するという手もあるのでしょうが、それだとドライバー一本で直せることであっても出張料や技術料として数千円から数万円がかかってしまいます
出来る限り出費がないよう、そして迅速に対応するようにまずは自らが出向いています

今では結構な場数を踏んでいますので、ある程度の修理は出来るようになり、アフター依頼の約半分は直せるくらいです
アフターでの作業はお客様とのコミュニケーションの場でもあります
その際に違う志事やご紹介をいただくこともあります
そう考えるとアフターも営業の一環ですね

これからも迅速なアフターサービスをお届けします

new_river at 06:23|PermalinkComments(0)

2018年11月01日

年末に向けて

昨日は快晴の中、新築住宅の地鎮祭が執り行われました
20181031_135819
お客様の夢創りが、これから12月の上棟に向けてスタートします

今日は11月1日、ちょうど2ヶ月で今年が終わります
プロデュースではすでに年末、年越しに向けての準備や予定立てが着々と進んでいます
気が早いようですが毎年この時期はほぼ同じ動きとなります
雪国なので1〜2月の雪が降る時期に志事の効率が出来る限り下がらないよう、年末までに新築住宅の上棟を行い、1〜2月は室内の作業を中心に進めることで冬を乗り切っています
今年中にあと4棟の上棟を予定しています
その他にも新築並みの大型リフォームが複数件あります
こちらも年内には外の工事だけでも目処が付けばと思い、予定を立てています

年末になると気ばかりが焦りがちですが、早い段階で予定を確定させることで今年こそは安心して新年を迎えられるようにしたいものです
そう言いながら10年以上
今年こそは!


new_river at 06:39|PermalinkComments(0)

2018年10月31日

戦わない

相次いで、向かい合わせや近くでオープンするコンビニ、ドラッグストア、スーパー
人口が減っていく中で、どちらが残れるかの戦いをしているように私には見えてしまいます
その昔は同じ様なことが家電量販店でもありました
そして、いつの日か負けた方が無くなっていきます
同じ業態で、同じ様な商品を販売して、同じ市場で争う

私は戦わないビジネスを展開したい
そう思ってプロデュースを続けてきています
戦わないためにはお客様から単独で選ばれることが必要となります

そのためにやっていること、出来ることは、自社でなければという独自性を高めること
同じ事をして、あえて戦いを求めるのではなく、誰もやっていないこと、出来ないことをどれだけ持っているか
究極は選ばれるというより、ここでしか出来ないことをどれだけご提供出来るかどうか

戦っても得られることは少ない
だから戦う意味はあまり無い
それならば、相手のいない市場を見つけ、自分のフィールドをつくり、そこでやっていきたい
常にこの様に考えていると、戦わずして続けることのヒントや答えが沢山見つかります

これからも必要とされる企業として存在出来るよう邁進していきます



new_river at 06:42|PermalinkComments(0)

2018年10月30日

仕組み化

昨晩23時30分にアマゾンにて本を注文しました
スマホにアマゾンのアプリを入れているのですが、注文してわずかの時間に30日にお届けしますと案内が来ました
29日夜中にクリックして注文した本が、24時間以内に届く
近所から配送されるのであればともかく、そうではないと思うのでこのスピードには驚きです
以前より、アマゾンの仕組みなどはテレビや雑誌などで紹介されていて凄いなとは感じていましたが、相当の仕組みがなければこれほどのスピードは無いと思われます
決して最安ではないけれど、アマゾンが支持されているのが分かります

仕組み化は私たちの志事でも出来ることが沢山あります
誰もが同じ事を同じように出来、誰もがその情報を常に知ることが出来る
確実に決めた日時までに進めることが出来る
いろんな仕組みはあるでしょうが、都度都度違うやり方を続けるのではなく、一定の仕組み化を整えることにより、生産性や採算性が高まります

仕組み化とスピード

これから成長する会社には必須なのかもしれません
これから意識して整えていきます

new_river at 06:32|PermalinkComments(0)

2018年10月29日

お役に立つ

必要とされるビジネスは残っていく
言い換えれば人や地域などのお役に立っている会社が存在し続けるということ

新たなことを始めるきっかけは全て、これをやりたいからではなく、これが必要とされているか
そして、始めることが誰のどの部分でお役に立つことが出来るのか、その始めることが必要とされ続けるのか、ビジネスとしての採算性はあるのか
これらが私の新たなビジネスを始める基準となっています

人のお役に立ち、そして喜ばれること
それがビジネスとして成立するのであれば、これほど嬉しいことはありません

今、自分が行っている志事は、いつ、どの様に、どの部分が誰かのお役に立っているのか
常に振り返り、考えることでまだまだ進化の余地はあるはずです
いつもと同じではなく、いつもお役に立つこと
地道ですが、これがビジネスで上手く行き続ける秘訣だと思っています


new_river at 06:28|PermalinkComments(0)

2018年10月28日

楽しむこと

今日は富山マラソンの日ですね
天候もちょっと肌寒いですが、走るにはちょうど良いのでしょうか
参加されているみなさん、完走を目指して頑張ってください

私にとっては42.195kmを走るのは考えただけでも無理と思ってしまいますが、マラソンにエントリーされた人は走れる、走ると思って自ら申し出たはず
速く走って良いタイムを出したい、とにかく完走したい、思い出をつくりたい、楽しみたいと参加される思いはそれぞれでしょうが、出たくない、やりたくないとかは無いはずです

志事も一緒だと思います
会社が人を選ぶのではなく、人が会社を選ぶ
その会社がいいと思って入ったならば、自らの目標を達成し、そして楽しんで欲しい
どの様に楽しむかは自分の気持ち次第なのです

楽しむとは誰かがそうしてくれるのではなく、自分が決めることなのです

私は毎日が楽しくて仕方がありません
そう思って、そう信じて、何事も楽しむことにしています
楽しいことは伝染し、連鎖していきます
自らがいつもその発信源になれるように、楽しむという気持ちを常に持ってこれからも生きていきます

new_river at 10:25|PermalinkComments(0)

2018年10月27日

町は人が創る

まちづくりの視察で福井県三国方面へ行ってきました
三国町といえば、その昔北前船の拠点として栄えた町です
近くには東尋坊もあり観光で賑わっている場所でもあります
射水市内川近辺の町とどことなく歴史が似ているので参考になることはないかと町歩きをしました

現地のまちづくり団体の方のお話しを聞き、かつては栄えていたけど今では、人口が減り、高齢者の割合が増え、空き家が増えているという現状を知り、このままではどんどん衰退してしまうという危機感から、今出来ることとして賑わいを創出させること、空き家を埋めて人口を増やすことが課題であることを知りました
これは我が地元も同じことです

どの様な仕掛けと取り組みで観光客と住む人を増やしているのかを建物、町並み、活動を見ることで感じることが出来ました
すぐに参考にして取り組めること、アレンジを加えられることなどありましたので早速地元のまちづくりに生かしていけるように努めていきます

20181026_104115
それにしても平日にもかかわらず観光らしき人が沢山おられました
お店の人やすれ違う三国の人も「こんにちわ」と気さくに声を掛けてくれ、人の温かみを感じる町です
町は人が創る
そんなことを実感した視察でした
是非、行ってみてください

new_river at 06:49|PermalinkComments(0)

2018年10月26日

予定を立てる

忙しいとか人手不足だと嘆いていても何も変わりません
そんなことを言っている時間があれば、まずは自分の時間にある無駄を省き、効率を高めることを考えて実践する

私が実践していることの一つに予定を立てるがあります
自分の予定、人が関わる予定、誰かに頼んだり任せたりする予定
全てにおいて日を決めた予定を立てているのです
自分の身体は一つ、与えられた時間は誰もが同じ
だからこそ、限られた時間の中で自分しかできないことを最重要し、予定を立てることが大事なのです
予定を立てたならば、あとは予定通りに動けばいいだけ
予定さえ立ててしまえば、気持ちにも体にも余裕が出てくるのです

予定を立てて動いている人と予定を立てずに動いている人とは明らかに成果が違います
目の前の予定、その先の予定、ずっと先の予定
予定を組むことで何でも出来る気になります

まずは予定を立てる
これからも実践していきます

new_river at 06:30|PermalinkComments(0)

2018年10月25日

新築かリフォームか

新築とリフォームはどちらがお得か?
こんな質問を受けることがあります
答えは今の年齢次第とお答えしています

例えば築30年の家
その家をリフォームする施主は30歳だとします
家を新築並みに全てリフォームするには1000万円前後かかります
その1000万円を25年の住宅ローンを利用するとします
おそらく住宅ローンが終わる前にまたリフォームをしなければなりません
それが20年後だとすれば、その時は50歳
まだ30年は住まなくてはいけないとします
その時、また数百万円のリフォームをするのか

現在、30歳だとすれば私は新築をお勧めしています
新築は築後20年ほどはわずかなメンテナンス費用で住むことが出来ます
初期費用は多くかかってしまいますが、それ以降かかる経費はわずかです
定年退職をむかえる頃にそれなりのリフォームが必要になるかもしれませんが、生涯における経費の支出はトータルで新築の方がお安く済むと思われます

今の支出を優先するのか、生涯の支出を優先するのか
新築かリフォームか
詳しくご説明をいたしますのでお気軽にご相談ください


new_river at 06:38|PermalinkComments(0)

2018年10月24日

自分を高める

学生時代は学校という教育環境があったので嫌でも勉強しなくてはいけませんでした
そのおかげもあって漢字の読み書きが出来たり、計算が出来たりと今思えばありがたいことだと思っています

社会に出たら、勉強はしようがしまいがどちらでもいい
学生生活より圧倒的に長い社会人生活
勉強するしないは選べても、するしないで人の能力の差は大きい
だからといって勉強するわけではないのでしょうが、社会人になって自らが選んでする勉強は、自分のため
自分を高めたり、これまでになかった知識を付けるためです

同じ環境で、何も考えず、勉強もせずにいたとすれば、ある日仕事を変わることになった際、これまで普通に得られていた常識や知識がほとんど役に立たないことがあります
世の中何があるのか、この先どうなるかは誰にも分かりません
自分を高めるとは自分を守ることにもなるのです

もしも明日、世の中から今の仕事が無くなったら
同じ業種の会社にも当然ながら仕事はありません
違う業種に移るとなると全て最初から始めなくてはなりません
こんな危機感を持ちながら、自分の知識や考え方を高めておけば、世の中がどうなとうと生きていくことが出来るのかもしれない

自分の可能性は無限
そう思って自分磨きをしていきます



new_river at 06:53|PermalinkComments(0)

2018年10月23日

何でもやる気持ち

プロデュースの志事は多種多様です
正直、建築と不動産の枠に捕らわれることなく、チャンスと機会があれば何でもやりたいと思っています
よって、5年後、10年後はどうなっているのか私自身想像が出来ません

何でもやる気持ち
この様な環境で毎日を過ごせることがとてもありがたく、だからこそ楽しく充実しているのかもしれません

世の中に、地域に必要なことは何か
人が求めていることは何か
常にこの視点で、そしてビジネスに繋がり、プロデュースの存在意義を発揮出来るのかを考えています
可能性は無限大
この気持ちを強く持って何でもやっていきます



new_river at 06:32|PermalinkComments(0)

2018年10月22日

繋ぐ

昨日行われたプリンセス駅伝
次の選手に繋ぐ所まであと200mほどからひざまずき血を流しながらも襷をつなぎたいという気持ちに感動しました
自分だけではない、次に繋ぐことが大事であることを感じずにはいられません

繋ぐには、繋ぐ人と受け取る人が必ず存在し、どちらかが欠けても成り立ちません
私たちが生きていく上でも繋ぐ、受けることは沢山あります

繋げようとしているか、受け取ろうとしているか
私が会社名に個人名を入れずにプロデュースにしたのも、いつの日か繋げようと思ってのことです
まずは繋ぐまでに強い企業にすることこそが今の私の使命
それまではとにかく走り続けるだけです

new_river at 06:43|PermalinkComments(0)

2018年10月21日

平日と週末

プロデュースではお客様宅へ訪問するより、ご来店頂き打合せをすることが圧倒的に多いです
お客様と打合せをさせていただくのは、多くの方がお休みと思われる週末がほとんどで、ありがたいほどに土日は打合せの予定で埋まる日も多いのが現状です

平日は、設計や積算、ご提案書の作成、工事現場の確認や工事業者さんとの打合せ
週末は、お客様との打合せ

最近はこの様な状態が続いています
消費税増税のことも影響してか、お盆明け頃から志事のご依頼とお問い合せの数が増加しています
その分、平日と週末の志事も増えています
平日と週末の時間を計画することと、スケジュールをみんなで共有すること、協力し合うことが大事なので、どんな状況であってもスムーズに進捗するように努めていきます

ちなみに今日は私だけでお客様との打合せが5件
準備は整っていますので、あとは頭がついていくようにするだけです

new_river at 07:33|PermalinkComments(0)

2018年10月20日

工事現場

工事現場を自分の目で見るようにしています
実際に自分で現場まで管理している数も多くあります
建築は打合せこそテーブルで行うのですが、その内合わせの内容は工事現場で実際に進んでいきます
思った通りに、計画通りに進めるために私たちの存在があるので、工事現場の確認をすることは大切な志事なのです

未だアナログ的に人が手で作業することがほとんどの工事現場
この感じは私がこの世界に入った約25年前も今もさほど変わりません
変わったとしたならば道具の機能ぐらいでしょうか

工事現場では多くの気づきがあります
より良く見せられること、効率を高められること
その気づきを設計や金額に反映させていきます
その繰り返しがより良い家をより安く出来ることだと考えています

結果は工事現場で出す
売上も利益も現場の管理があってこそ
これからも工事現場の役割を果たすべく、いい暮らしをご提供していけるよう精進します


new_river at 06:40|PermalinkComments(0)

2018年10月19日

インバウンド

昨日は所属する団体の日帰りの旅に参加
行き先は飛騨方面(古川〜高山)
天気にも恵まれ楽しい時間を過ごさせていただきました

バスガイドさんから今は海外からの旅行者、いわゆるインバウンドでとても賑わっていますのでと言われていましたが、平日の中日でもあったので、まさかと疑っていましたが、現地に到着してビックリ
歩いている人の半分以上は外国人
そして人で溢れかえっています
そして多くの人がカメラ片手に、お店で商品やお土産を買ったり、食べ歩いていたりととにかく楽しそう
これがインバウンド効果かと感動してしまいました
何に興味を示し、どんな動きをしているのだろうとしばらく観察したところ、おそらく日本人よりも建物や商品などに興味を示し、じっくりと見ながら散策をしています
そしてどの国が特に多いのではなく、いろんな国から訪れているようです

身近には時折外国人を見ることはあっても、外国人で溢れている所はありません
インバウンドは観光地にとっては一つのビジネスチャンス
いつも居ると価値を感じることが出来なくても、初めて来る人にとっては驚きがあるかもしれません
現在取り組んでいる、まちづくりもそんな視点から考えていくようにします
なんだか楽しくなってきそうです

new_river at 06:39|PermalinkComments(0)