2006年01月13日

オール電化住宅

このところ続いている灯油の値上がりは異常です。
3年前に比べるともうすぐ倍値ぐらいになります。
聞くところによると燃料を供給する業者さんの手にも灯油が手に入りにくく
なっているそうです。
どうしてこのような状況になったのでしょうか?
灯油やガスの価格高騰によって1年前までは住宅のランニングコストは

石油給湯器(灯油ボイラー) < 電気温水器 < ガス給湯器

の順番だったのが電気温水器が一番安くなりました。

しかしながら安くなったとはいえ、簡単に石油給湯器から
電気温水器に変更できるものではありません。
当社のお客様は以前よりオール電化にされるケースがほとんどで
私自身ホッとしています。
安全・クリーン・そして低燃費!やはりこれからの時代は
オール電化なのか???



new_river at 17:04|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年01月12日

見積書を作成しています

現在、アパート建築の資料を作成しています。
私は見積書作成が担当なので机の上をカタログだらけにしながら
細かな作業をしています。
住宅同様、ハイグレードでローコスト!
これが当社の強みでもあるので今回のプレゼンには特に力を入れています。
その他、建築コストを抑えるだけでなく、将来的な維持費も出来るだけ
低く抑える工夫もいろいろと考えています。
今、作成しているアパートはメゾネットタイプの2LDKで
オール電化でありながら家賃設定は6万円と低めに抑えています。
それでも、投資における利回りは11%以上を確保できそうです。
最近の大手メーカーの提案するアパートの利回りは5〜9%ぐらいが
多いので商品としては大きな差別化が図れるものだと思います。
来週には提出しなければいけないので、頑張って見積書を仕上げたいと
思います。

new_river at 16:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年01月11日

住宅の耐震問題について

昨年よりマンションやホテル建設による構造計算偽造問題が
取りただされています。建てている内容は異なりますが
同じ業種を営むものとして大変遺憾です。

住宅においては木造の場合、3F建てもしくは1000屬鯆兇┐覆韻譴
構造計算書は不要で、その代わり建築基準法に定めたもの以上の
構造材の使用であったり、接合金物が義務付けになっています。
また、地震等の揺れに耐えるようスジカイやヒウチと言った
構造内に斜め材を用いる事になっています。
当社は住宅の工事が中心なので構造計算を行う機会が少ないのですが
基礎は地震に強いベタ基礎を標準とし、構造材も柱は全て4寸角(12cm角)を
使用、その他の構造材も基準値を大きく上回る構造材を配置しています。
低価格住宅ですが、構造には自信がありますし工事中の物件も
いつでもご覧いただけるようにしています。
近いうちに当社のHPでも着工中物件の進捗状況をUPするページを
オープンさせます。
ここでは仕上がってからは見えない部分をご紹介できればと思います。


new_river at 14:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年01月10日

住宅の査定

今日は今年初の住宅の査定に行きました。
年間に数十件の査定を行うのですが、ここ数年、土地価格の下落傾向と
不動産の流通性が良くないので、金額の算出の仕方は難しくなっています。
しかも、査定金額を提示したからと言って売れる保証がないのが現実です。

当社では、このような依頼があったときのために、購入希望のお客様を
希望エリアや金額別に管理させていただいております。
マッチングが合えば、比較的早く売買できますし、売主・買主双方が
満足していただけるケースが多くあります。

あと当社に査定の依頼が多い要因の一つは買取でしょうか
査定とともに買取した場合の金額提示もすることがしばしばあります。
この買取という業務は、リスクが多いせいか、不動産業者でも
あまり行っていないのが現状です。
確かに先行のリスクはあるのですが、当社では買取をさせていただいた
住宅や商業物件はきれいにリフォームして販売するか、自社物件として
所有し賃貸用として使用させていただいています。

リフォームした物件はおかげさまですぐに買い手が付く人気ぶりです

また、不動産の資産運用に関心のある方への物件紹介もしています。
低金利の時代なので銀行に貯金するぐらいならという考えの人が増えています。
中古物件の場合、利回り10%〜20%ぐらいの物件もありますので
お金に余裕のある方には、魅力的かと思います。
利回りが10%だと、単純に10年間で投資金額の採算が取れる計算です。
仮に10年後に売却した場合、そのほとんどが利益という事です。

いろんなシーンで買う人、売る人の橋渡しがもっと出来るように
よりよい提案方法を今後も提案していきたいと思います。




new_river at 19:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年01月09日

本日も除雪作業!

本来であれば祝日なので会社が休みなのですが、降り積もった雪のため
休日返上で除雪作業をしました。
学校を卒業後、土木の会社に3年間勤務していた時に、大型特殊の免許と
除雪をする際に必要な資格(名称は忘れました)を取得しているので
毎回除雪は、ショベルカーにて行っています。
もう使う事のない、免許と資格だと思っていたのに、今年に限っては
大変助かっています。
本日も会社の敷地内と駐車場の除雪。その後、近所の公民館、近所の会社、
そして、近所の道、結局8時から14時まで機械に乗りっぱなしでした。
さすがにグロッキーなので本日の作業はこの辺にして、明日に備えて
ゆっくりと休みます。
今週は晴れや雨の予想なので積雪も一気に半減して欲しい気分です

new_river at 14:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年01月08日

地域密着の会社づくり

会社の経営理念に「お客様、地域にとって必要な企業となる」とあります。
必要な企業とは、ささいな事でも困ったときには気軽に相談できるお店と
考えています。
もちろん、新築やリフォーム、不動産の相談などの話しもお聞きしたのですが、
その前に気軽に立ち寄っていただける会社づくりに取り組んでいます。
昔、必ずと言っていいほど近所に存在した何でも気軽に頼める電気屋さんのように。
おかげさまで、会社への来客や相談は以前より増えましたが、もっと増えるように
これからも入りやすいお店づくりをしていきたいと思っています。

まずは、プロデュースとはどんな会社かをもっと多くの人に知っていただく事、
近隣の催し物や地域の方々との交流を図る事、徐々にですが取り組んでいます。
ちなみにこの時期は、会社近隣の道路や歩道などの除雪作業をしています。
近所の人たちにも大変喜んでいただき、会社としてもありがたく思っています。

この地域に存在する企業として、もっといろんな人と関われるよう頑張ります♪


new_river at 11:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年01月07日

展示場出展地の除雪

今日は比較的天気が良かったので、早朝より5月に出展予定の住宅展示場用地の
除雪作業を行いました。
当社を含め約20棟の出展予定なのですが現在、着工している現場は1件のみでした。
誰も踏み入ることのなかった敷地は、昨年12月からの積雪が約1m
ショベルカーを使用し、除雪すること2時間。ようやく土を見ることが出来ました。
早速明日より、基礎工事のための杭を打ちたいと思っています。
それにしても、この大雪はいつまで続くのか???
年末より、屋根の雪下ろしの依頼が5件あり、伺ってきました。
住宅の屋根の積雪は、まだ雪下ろしをするほどではありませんでしたが
アルミ製のカーポートあたりは、やばそうなお宅もありました。
ちなみにアルミ製カーポートは梁のたわみが5cmまでは許容範囲とのことですが
見ていたら5cmに近いたわみは、かなり曲がって見えるものです。
この雪が早く落ち着くことを祈るばかりです



new_river at 17:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年01月06日

明けましておめでとうございます

2006年の仕事が本日より始まりました。
毎年この時期は、今年はどんな一年でありたいかを考えさせられ
身の引き締まる思いになります。
今年プロデュースは会社創立より4年目になります。
今までは住宅や店舗のリフォーム工事とリフォーム住宅販売が売上の大半を
占めていましたが、昨年より新たなコンテンツとして新築事業を
はじめさせていただきました。

同業者が多い中、なぜ、この時期に新築なのか?
私は今までの新築における打合せの進め方やあいまいな価格提示のあり方、
そしてお客様は思いどおりの新築を手にしたことで喜んでいるのか?が
いささか疑問でした。
なんとか、この問題と思われる部分を払拭でき、かつ良質で低価格のものを
ご提供できないものかと、約1年の準備期間を得てようやく新築事業を
行う運びとなりました。
プロデュースが提案する新築住宅を簡単にご説明します。
_然閉鷦┐鯡棲里砲靴討り、お客様自身でも、新築価格の合計が出来ます。
価格は面積によって区分されており29.9万円/坪(税込)からの低価格を実現
L明冓未梁燭のプランを参考にしていただき打合せを進めていく完全自由設計
ぅ魯ぅ哀譟璽匹雰材・設備を標準採用することによりコストダウン
ダ貲い離好織奪佞打合せよりお引き渡し、アフターに至るまでをさせていただきます。
ε效呂里覆なにも、ご希望の地域と大きさ、ご予算を伺えば登録物件をすぐにご紹介
上記の他にも、まだまだありますが、打合せから完成までの相違がないことを心がけ、
分かりやすく、そして安心して長い期間、快適な空間でしあわせな生活を
おくっていただくとことを念頭にすまいづくりをお客様とともに行っています。

本年は5月に射水市鏡宮において住宅展示場を開設致します。
近況はホームページでもお伝えできるかと思います。
楽しみにして下さい。高品質・低価格を体感いただけるとおもいます。






new_river at 11:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0)