2007年07月30日

参議院選の結果を見て思うこと

今回の参議院選挙では全国的に民主党が圧勝し自民党は惨敗しました
自民党にとっては逆風の中での選挙と言われていますが、私は逆風は党が自ら作った
ものなので国民投票の結果は正直に票に反映されたことからこれからの自民党は
大きく変化しなければいけないと思います
富山県も例外ではありませんでした
自民王国と言われた県内の有権者もさすがに今回の自民党のあいまいな政策や責任問題で
票が大きく動いたのだと思います。

個人の率直な感想として政権交代はあるかどうかは分かりませんがこれで良かったと
思っています。
国民のためと言いながらも国民に目線がいっていない政治よりも国民の視点で
国民の生活を考えた政策を行っていただけるよう期待をします

今回の選挙で当選された方々には是非頑張って国を変革してほしいものです



new_river at 07:43│Comments(0)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔