ホームページアクセス数UP↑リフォーム工事費売上1億円!?

2008年02月01日

建築業界のバブルは終わった・・・?

国土交通省の調査によると、07年の住宅着工戸数は、前年と比べ17.8%減少し
106万741戸となった。同年6月に施行された改正建築基準法の影響などで
5年ぶりに減少。
かろうじて年100万戸を超えたが、1967年(99万戸)以来の数値だった。
利用関係別にみると好調だった貸家が7年ぶりに減少(前年比18.7%減)したほか、
分譲マンションも4年ぶりに減少(同29.2%減)。持家、分譲戸建ても2年ぶりの
減少となった。
地域別でも、首都圏・中部圏・近畿圏・その他の地域の全ての地域で、前年と比べ
1割から2割減少した。
同年12月の住宅着工は、減少幅が3カ月連続で縮小し、8万7,214戸(前年同月比
19.2%減)となった。分譲マンションの着工も同様に回復してきているが、
2万1,586戸(同35.5%減)で改正建築基準法施行以来6カ月連続の減少となっている。
地域別では、特に三大都市圏以外の地方圏でのマンション着工の落ち込みが
依然としてひどく、前年同月比で7割強減少している。

こんな記事が出ていました
業界にとっては余りよいネタではありませんが、全体の現実として受け止めながら
会社としての今後の営業展開を考えていかねばなりません
それにしても急激な落ち込みです
改正基準法も落ち着きを見せているので今年の着工棟数に期待します



new_river at 08:29│Comments(0)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
ホームページアクセス数UP↑リフォーム工事費売上1億円!?