2010年02月03日

営業を知る

昨日は大阪にて一日研修でした
今までいろんな研修を受けてきましたが私にとっては強烈なインパクトのある講師でした
その方の名は住宅マーケティング研究所内村真樹先生です

何のインパクトを受けたかというと今まで自己流でやっていた営業スタイルと全く違う
営業方法だったからです
営業方法はいろいろとあるとは思いますが結果が出なければ良い手法とは言えません
全盛期(平成8年)には全国で164万戸あった新設住宅着工戸数も13年後の今では
半分以下の78万戸まで落ち込んでしまった現状でその時と同じ営業スタイルでは仕事の
受注どころか生き残っていけないことを改めて痛感しました

内村先生から教わった営業スタイルは礼儀作法から始まり感謝を体で表現するとても
分かりやすく簡単な事なのですがその事さえ徹底されていない自社を見直す良い機会
でした
私を含め営業3名での受講だったので直接お話を聞くことにより早速実践できそうです

お客様に選ばれ地域に必要とされなければ会社は存在することは出来ません
この事を常に意識し最高のホスピタリティでお客様にプロデュースにして良かったと
思われるようになるよう会社を成長させていきますので見てやって下さい

余談ですが帰りのサンダーバードが強風による影響で2時間ほど遅れました
その時間を利用し3名で会社のこれからの事をじっくりと話しました
せっかくいい話を聞いてもすぐに行動に移さなければ次の日になれば記憶も薄れて
しまいます
帰宅は遅くなりましたがこれも神様が与えてくれた時間かも知れませんね




new_river at 07:28│Comments(0)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔