適正価格何のために働くのか

2013年01月23日

上手くいくポイント

検証や体験を通じて分かった事

世の中には上手くいく人と、いかない人がいる
上手くいく人は、比較的何をやっても上手くいく
上手くいかない人は、上手くいっている人の事を「あの人は何をやっても上手くいく」と抽象的に捉える
実はそうではなく、上手くいく人には必ず共通項がある
その共通項を知っているか知らないかが、成功か失敗かを決める

私が感じている上手くいっている人に共通している事は、
・情報収集や体験により現状を理解している
・理念や目標が決まっている
・目的が明確である
・考えを行動に移すスピードが早い(時代・ニーズのタイミングを逃さない)
・軌道修正が出来る
・行動後の結果検証をしっかりとしている
・次のアクションに繋がりがある(成功を繋げる)

行き当たりばったりや思いつきで始めてしまい、上手くいかないとすぐに止めたり、諦めてしまっては何をやっても同じ結果しか出ない
そんな人のする失敗はただの失敗で、学びになる事もなく、結果無駄な時間とお金を使っただけで、残るのは虚しさだけなのです

最近、プロデュースが企画しているイベントが絶好調
特にカルチャー教室は毎回、定員を超えている状況です
以前は、イベントは開催するものの集客に苦労していた事を考えると嘘のようですが、過去の経験を学びとしたうえで違う発想で進めただけなのです
次の日曜日には無添加でお味噌を作るカルチャー教室がありますが、こちらもすでに満席

どんな時代にも上手くいく方法は必ずあるものです

今日もいろいろと考えてみます






new_river at 06:54│Comments(0)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
適正価格何のために働くのか