2013年05月10日

ドルが100円に

一ドルが約4年ぶりに100円を超えた
近々に超えるとは思っていましたが、とうとうこの日がやってきました
実にこの半年で20円もの動きがあります
その上がり率は25%
輸入する商品が25%値上がりすることになります

日本の経済全体的には円安を歓迎するのかも知れないのですが、原材料や製品を輸入に頼ることが多い建築業界にとっては円安はかなりの打撃です
今年度に入って、製造、販売元であるメーカーより値上げの案内が相次いでおり、徐々に値上がりが始まっています
消費税増税の駆け込み需要で富山県の新築住宅市場も前年比125%ぐらいで推移しています
期間限定にせよ好調に増えている市場の中での資材の高騰は受け入れたくないのが正直なところですが、世の中全ての会社、人が同じ状況なので仕方がないと捉えるべきなのか微妙なところです
プロデュースではある程度の先を見越して資材の買い付けやストックをするようにしています
お客様に少しでもお安い価格でご提供することが会社の使命です

とはいうものの限界もあるので、出来れば1ドル100円までで推移して欲しいものです

これからの経済の動きに注目ですね




new_river at 06:52│Comments(0)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔