2013年05月18日

心を読む

人の心を読む、感じることが出来るか
発する言葉、書く表現、表情、姿勢

私のプロとしての定義は毎日、同じ言葉、表現、表情、姿勢で志事をする事
これが出来る人は意外と少ない
少しでも違えば、心が読まれてしまうこともある

いつも最高の良い状態、万全の体制で志事に臨むことは、本来当たり前のことである
だから、いつも同じ状態でいるために、自分を磨く必要がある
これも人間的成長なのです

言動は全て心の表れである
今日も心を落ち着かせていこう(笑)

new_river at 06:53│Comments(0)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔