年月をかけて役割

2015年09月27日

強く

強く生きる

経験を積み、沢山の喜びを得て、幾多の困難を乗り越え、今がある
常に前を向き真っ直ぐに強く進んでいく

気が付けば社会的にも中心的な年齢
歳を重ね図太くなったものだと自分でも思います
経営者として、社会の一員として、家族の大黒柱として、そして一人の男として
強くなければいけないと感じています

私にとっての強さとは、目標を掲げやり遂げる力、喜ぶ気持ち、折れない心
強く立っていないと流されたり、飛ばされたりしてしまう
今では50名を超える仲間を抱え、自分が強く立っていなければいけない責任と使命感がある
だから強くいられるのかも知れません

明るい未来を実現するためにもまだまだ強くなれるよう心も体も鍛えていきます



new_river at 07:02│Comments(0)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
年月をかけて役割