2016年11月15日

ハードとソフトのバランス

昨日まで沖縄に行ってました
団体のツアーに参加させて頂いたのですが、参加を決めたのは宿泊先でした
その宿泊先はザ・リッツ・カールトン沖縄
大好きだけどなかなか行けないリッツカールトン
今回は思い切って参加

20161113_073320
これぞリゾートって感じです
建物、設備、全てがラグジュアリー

20161112_165924
森の中に建つホテル
部屋の窓からは木々、そしてその向こうには海
最高のロケーションです

その全てが非日常

しかし私が関心しているのはハードよりもソフト
そう!サービスの部分です

バスにてホテルのゲートに着いてから部屋に到着するまで、館内を歩いている時、ご飯を食べる時、何かを聞きたい時、困った時、ホテルの人が必ず側にいます
常に私たちの動きや考えを先読みして動いているのが分かります
食事中、ちょっと立ち上がって席に戻るとテーブルの上が綺麗に片づいていたり、すれ違う人全員が立ち止まって挨拶してくれたりお話をしてくれたりとゆったりとした時間を楽しませてくれます

高級なのは建物や設備のハードだけではない、そのハードに合うサービスやおもてなしのソフトがバランス良くあることで心地よくなるのだと体感しました
ハードを変えることはコストがかかったり物理的にも難しいかも知れませんが、ソフトは変えようと思えばすぐにでも変えられる
今のハードとソフトのバランスはどうなのか
一度見直す必要がありそうです

お客様が心地よかったり、楽しかったり、思い出に残ったりする
ハードとソフトのバランス
まだまだ勉強と実践が必要です


new_river at 06:55│Comments(0)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔