2017年03月11日

危機感

プロデュースを起業した14年前からずっと持ち続けている気持ちがあります
それは「危機感」
この先のことに対しての不安が常にあり安心したことはありません

ありがたいことに今は人手が足りないくらいに志事量が多い状況なのですが、これは今の話
半年先、1年先、3年先まで何もせずにこの状態が続くとは思っていません
危機感は持っているだけでいいものでも良くなるものでもありませんので、不安や不安定にならないよう先に向けての取り組みを幾つも準備して進めています

今、こうやって志事をさせていただいているのも半年前、一年前の取り組みがあったからだと思っています
常に先を見据えて、準備と行動をしておくことが大事であることを分かっています

大手企業であってもどうなるのか分からない時代
その点、中小企業は経営と方向性という舵を取りやすく時代の変化に対応し柔軟に小回りを利かすことが出来ます
危機感というきっかけからこの先の発展に向けて、そして地域に必要な企業として存在出来るよう、建築を通じて地道でもみんなと頑張っていきます

new_river at 06:43│Comments(0)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔