2017年03月20日

コストパフォーマンス

いい物をより安く
企業にとっては永遠の課題だと思っています
いいな!と思っていても価格が高くては売れないこともあります
思っていたよりも安いと感じて頂けることが増えることで売れ行きも良くなります

プロデュースは常にこのコストパフォーマンスに取り組んでいます
一般的には資材などの仕入れや工事費の見直しなどを行ったりするのが多いのかもしれません
もちろんこれらの見直しや交渉も行っています
しかしながら価格を下げるのには限界があり、思った以上のコストダウンにはならないことが多いのです

そこでプロデュースが行っているコストダウンは一人当たりの仕事量を高めることなのです
無駄を省き、効率化を高めて仕事量を高めていくのです
例えば一人当たりの出来る仕事量が全体で2割増えることで2割の経費削減が出来るのです
仕入れ金額を2割下げることは難しくても効率を2割高めることは考えれば出来るのです
実際にプロデュースでは建設業一人当たりの売上平均の倍以上の金額の志事をさせていただいています
効率が高まりコストを下げることが出来れば競争力が高まり、成約率も高まります

自分の動き、全体の動きの見直し
作業性を高めるための仕組み作り
結果に繋げるための手法

これら全てがお客様にとっての割安感と企業の存続に繋がっていくのです
永遠の課題ではありますが、常に意識して更なるコストパフォーマンスをしていきます



new_river at 07:46│Comments(0)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔