2017年04月03日

その気持ちをいつも心に持って

プロデュースとグループ企業の新規採用最終面談を担当しています
弊社では入社する前に3回の面談を行っています
まずは会社の説明をして理解して頂くこと、次にこの会社で何がしたいのか、夢や目標は何なのか等のヒアリング、そして私が担当する最終面談
私は希望する方に新たに仲間として受け入れることが出来るかどうか
一緒に頑張っていけるかどうかを判断しています

面談の際に「この会社でどれくらい働いてみたいですか?働いたらどうありたいですか?」と尋ねます

もちろんその返答を見るのですが、実は働きたいという意志よりもっと大事にしていることがあります
それは、口に出してもらうことによって誓いと責任感を持ってもらうことです
志事は自分のこうなりたいという強い目標があれば、多少の辛いことがあっても乗り切っていけます
一方曖昧なまま働いてしまうと嫌なことがあったら逃げ出したり、人のせいにしがちなのです
だから、最初に声に出して誓うこと、最初の気持ちをずっと持ち続けてもらうことを大事にしています

「初心忘るべからず」といいますが、以前テレビで「初心は忘れるものではない」という気づきを得てから、一緒に志事をする周りの人には気持ちが大事であることを伝え続けています
いつも目標を明確に、そして心に持ち続けてこれからも志事をしていきます



new_river at 06:46│Comments(0)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔