2017年09月04日

空き家対策

全国的に空き家がどんどん増えています
現在の空き家率は全国的には13%台ですから100軒に13軒以上が空き家ということになります
実際には空き家と認識されていない建物もあるらしく、この数字以上の空き家があるといわれています
地方になると場所によっては空き家率が20%を超えるところも多いようです
ここ数年で政府や地方自治体も空き家増加が深刻な問題になっていくとのことから少しでも増加を縮小させようと補助金などの制度を用いて歯止めをかけようと動いています

建築と不動産を志事とする当社としても空き家に関しては課題として空き家の再利用、再稼働に力を入れています
現在は、空き家の買取をしてリフォームをすることで住まいとして甦らせた後に販売すること
空き家を自社所有し、賃貸住宅にすること
空き家をリフォームし住宅以外の用途(店舗やゲストハウスなど)として使用すること
などなど様々な取り組みを年間数十件単位、業務として行っています

空き家対策は建築や不動産の業者が動くことで解決の一助となるのです
これを会社経営の使命の一つとし取り組むことが大事なのです

現在は射水市と高岡市を中心に空き家対策に力を入れています
この取り組みが広がっていくことを願い、住みよい街をつくっていけるようこれからも頑張っていきます


new_river at 06:51│Comments(0)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔