2017年09月29日

批判するな

衆議院が解散し、来月には国政の選挙が行われることとなりました
プロデュースがある高岡市も同じ日に市議会議員の投票がありバタバタとした10月になりそうです

地方選挙は政党よりも立候補者の人柄や経験、実績が重視されますが国政選挙はまずどの党なのかが重視されがちです
各党の党首を始めとした人がテレビや新聞などのメディアを通じて話しをされるわけですが、悲しいくらいに相手の批判が多い現状があります
批判するのではなく、自分たちは何を目指して何をしていくのかだけを言ってくれればストレスなく受け入れることは出来ますが、批判めいたことを言われると興味もなくなってしまいます

民間企業で営業をしている際に他社の批判ばかりを言って仕事が決まるとは思えません
しかし政治の世界には必ずと言っていいほどの批判があります

私が思うに批判から生まれるもの、得られることはほとんどありません
だから私は人や会社を批判しません
批判するならば良いところを探す
視点を変えることでどんな状況でもプラスに出来ます

日本の社会が変わるためには批判をしない社会が必要なのかもしれませんね
自分事としても意識して、気をつけます

new_river at 06:38│Comments(0)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔