2017年10月30日

成約率

経営者として志事をする上で気に掛けていることがあります
それは成約率です
建築はお客様の要望を伺い、その後図面や仕様などのプランとお見積もりを提案することがほとんどです
お客様に提案した内容が受け入れられるかどうか、ご成約出来るかどうかで仕事として成立するのかどうかが決まります

成約をいただければその仕事は売上となり、成約数が多ければ売上高は増えていく
一方成約いただけなければ売上とはならず、結果としてそこに掛けてきた時間と労力が無駄になってしまいます

私は成約は売上を上げることよりも無駄な労力を省くことを重要視しています
成約率の高い低いは提案力の差に比例すると感じています
成約率の高い提案はお客様の期待と想像を満たす、もしくは超えている
成約率の低い提案はお客様の期待以下である

成約率を高める = お客様の期待と想像を超える

お客様が自社や自分に何を期待しているのか、どんな想像をしているのかを知り、感じることで提案はお客様によって変わっていく
全てに同じ応対や提案をしていると成約率が上がることはない

現在プロデュースのご成約率は9割を超えています
常にお客様に合う、お客様ごとの提案を心がけています
これからも提案力を磨き、お客様に選んでいただける志事をしていきます


new_river at 06:40│Comments(0)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔