2018年01月08日

あるものを活かせ

プロデュースの志事の一つに町の景観づくりがあります
古き良き町並みを活かしつつ、賑わいの創出、居住者の増加、空き家対策などを行っています
その町の歴史、文化、伝統を知り、それらをどの様に活かして町の再生と発展を図っていくのか
これが大きなテーマとなります

あるものを活かす

まちづくりを通じて、あるものを活かすということを学び、気づかせていただきました

ビジネスにおいて、あるものを活かすという発想はどれくらいあるだろうか
あるものとは形ある物だけではありません
これまで重ねてきた成功や失敗などの経験やこだわり、歴史など形ではないものもあるのです

とかく、これさえあればとか、こうなっていればといった、あるものを活かすことを考えず無い物ねだりをしているのではないだろうか
こんな考えに至ると何をやっても上手くはいかないような気がします

まずはあるモノ、あるコトの意味や本質を知る
そしてどう活かしていけるのかを追求する
これから必要なことではないかと考える2018年とします


new_river at 07:17│Comments(0)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔