2018年02月24日

この先は

今が良くても先が見えないと不安になってしまうから、常に先へ先へと考えるようにしています
経営責任者として、誰かがこの先の保証などをしてくれることはありません
今の立場である以上、このことは生涯考えていかなくてはならないことなのです

ところでこの先は?

建築業界は新築、リフォーム共に微減しています
今年、来年は消費税増税の駆け込み需要があれば若干増えると予想されていますのが、そうなるとその後には必ず反動で大きく減ることが見込まれます
ここまでは普通に予測出来ますが、だからといって中小企業が世の中の数字に比例した結果を出していけば、いつの日か景気が悪くなり淘汰されてしまいます
そうならないためにも、この先を考えなくてはならないのです

どんな時代、どんな状況においても成長していく企業が必ずある
そうあるためには今何が出来るのか、何をするべきなのか
正直、自社の先を読むことは難しいのですが、ずっと成長企業であり続けるために日々努力をしていきます



new_river at 06:51│Comments(0)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔