2018年09月26日

価格高騰

ここに来て建築で使用する資材の価格改正の情報や案内が届き始めています
理由は原油価格と鉄の価格の高騰のようです
それだけではなく、木材や合板などの価格もこの半年でジワジワと上昇しています
設備系の商品は価格改正するとカタログなどの更新も必要となるため、おそらく年内は価格据置のメーカーが多いのかもしれませんが、来年のカタログが出る際に定価の変更が行われる可能性が高いと思われます

これまでは上昇した分の価格は建築価格に転嫁されることは少なく、多くは建築会社が仕事確保のため、薄利での提供をしていました
しかし今は状況が異なり、どの建築会社もそれなりの仕事量を確保していることから価格上昇分は建築価格に反映され、来年からは5〜10%ほどの価格上昇するのではないかと予想します

プロデュースではお客様に対し、少しでも価格を抑えるために事前に決まっている商品などについては今の内にある程度の量を購入し、ストックすることでご提供していこうと考えています
また、現在進行中のお客様に関しましては価格が上がろうと当初の金額のままで進めさせていただきます
よって、来年に建築をご検討の方も今の内(10月末まで)に声を掛けてくだされば価格据置することをお約束します
価格に関しては今後どの様に推移していくかはまだ不透明な点はありますが、上がる可能性はあっても下がることはまずありませんので、ご検討の方はお気軽に相談してください

new_river at 06:50│Comments(0)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔