2018年10月09日

ハードとソフトのバランス

プロデュースでは住宅の建築だけではなく、オフィスや店舗など商業施設の建築も行っています
商業施設の建築は年々増加傾向にあります

住宅建築と商業建築は建物をつくるという面では同じなのですが、考え方は全く違います
住宅は主に快適に暮らす、寛げる場所であることに対し、商業施設はビジネス的に考えなくてはなりません

飲食店だとお客様が沢山来て、繁盛させること
事務所だと働く人が働きやすい環境を整備すること
製造業だと動線や配置を考慮し、効率を高めること
物販店だと分かりやすく、手に取られやすくして売上を高めること

まだまだありますが、私たちが出来ることは商業施設をつくるという目的を達成することなのです

そこでプロデュースが重要視していることがあります
それは「ハードとソフトのバランスを整えること」

ハード=建物や設備
ソフト=人や考え方、やり方

どれだけ素晴らしい考え方があっても、それを叶えるための設備が無ければいけないでしょうし、
どれだけ素晴らしい建物があっても、それを使いこなす人がいなければ成り立ちません
ハードとソフトは計画段階より両方同時に理解し、進めていく必要があるのです
これぞブランディング
最近特に増えてきている志事であります

企業ブランドの確立
お客様毎にもちろんテーマは変わりますが、プロデュースは建築を行う会社として、建物・人・考え方によるブランディングをご提案させて頂いています

クライアントのお役に立つため、日頃から様々な業態や仕組みなどを勉強しています
これからの企業戦略やブランディングはプロデュースにお任せください!


new_river at 06:29│Comments(0)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔