2018年10月16日

消費税が10%に

消費税が来年10月1日より10%に上がることがほぼ確実となりました
この発表により、建設や自動車などの売れ行きが期間限定ではありますが、良くなることが予想されます
2000万円の新築を建てるとすれば、消費税の差額は40万円となります
いずれは新築やリフォームをご検討であれば前倒しする人も増えると思われます

ここで建築に関しての消費税アップに対しての対策をお伝えします
建築は工事時期が長いこともあり特例が設けられます

2019年3月31日までに工事契約を取り交わした工事は、完成が2019年10月を越えたとしても消費税は8%が適用されます
もしくは、2019年9月30日まで完成する工事が8%となります
これ以外の場合(2019年4月1日以降の契約で完成が10月1日以降)は消費税が10%となります

新築の場合、土地の契約が済まされていて、建物の形状と中身が確定し金額が算出されている状態でなければ工事契約は出来ません
よって、来年3月末までの契約をする時は注文住宅であれば、最低でも一ヶ月前には打合せを始めなければ間取りと金額は確定することは難しいと思われます

プロデュースでも増税の影響からか毎日のように志事のご依頼をいただいており、社内はフル稼働です
まだ消費税アップ前の完成は出来ますので、建築をご検討の方はお気軽にご相談ください


new_river at 06:32│Comments(0)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔