2018年10月18日

チームビルディング

野球やサッカーなどのスポーツを見ていると思うことが多いのですが、野球でいえば4番バッターばかり集め、サッカーでいえばエースストライカーだけを集めてみても、絶対に勝てるチームにはなりません
むしろ自己主張が強い選手ばかりで統制がとれず弱点だらけなのかもしれません
ここ数年の広島東洋カープがそうなのかもしれませんが、指揮官である監督が替わり、チームが形成されたことにより弱小だったチームが常勝チームとなりました
これを見て個々の力ではなく、チームの力の大事さと必要性を強く感じています

一人で行うことを二人で行うと半分以下の時間で出来る
一人で行うことを二人で行うと2倍以上のことが出来る
これが10人、20人と人が増えれば増えるほど生産力が上がったり、効率が高まったり、時間が短くなれば、それは複数による効果であると考えます

一人一人の能力の違いや差があっても、複数であれば補うことが出来る
一人一人の能力がチームになることでより生かすことが出来る
同じ目標を共有し、その目標達成に向けてチームで進んでいく
これこそがチーム力であり、こうなるようにチームビルディングをしなくてはいけません

会社を船に例えると、社員は乗組員
乗組員が行き先が分からず、バラバラにこぎ出すとどこに進むか分かりません、進まないかもしれません
行き先が記され、呼吸と力を合わせることで、その船はスピードを上げて早く目的地へ到着します
だからこそ、チームビルディングの大事さと目的や目標が必要なのです

これからも意識してチーム形成とチーム力の向上を図っていきます

new_river at 06:05│Comments(0)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔