2018年11月19日

大工さんが減っていく

現在、大工さんは全国で約32万人ほどいます
約10年後には今よりも10万人ほど減ると予想されています
この背景には、人口減少に伴う新築住宅の減少もあるようですが、そもそも大工さんになりたいといった人が少なくなっているのが現実のようです

子供が将来就きたい職業ランキングでは、小学生では大工は上位にランキングされるも、中学生になると圏外となってしまい、大人になるとほぼ無くなっているのが現状です
このままの状態が続くとどうなるのだろうと心配が大きくなります
プロデュースの大工さん達は30歳代〜40歳代が中心です
ここ10年はほぼ固定なので、その当時は20歳〜30歳だと思うとこの先10年後には平均年齢が10歳上がることになるかもしれません

将来のなり手が少ない理由に、仕事の大変さ、複雑さ、危険、低賃金などが考えられますので、もっと価値を認めてもらえるような職業に育たなくてはいけないと感じています
大工さんはお客様の夢と希望を形にするために必要な存在です
特に日本の大工さんは技術が高いので、機械やAIで出来るものではありません

私は大工こそこれからの日本を作っていく大事な職業だと思っています
なりたいと思われ、技術を継承する素晴らしい職業を絶やさぬように今出来ることを考えていきます

new_river at 06:47│Comments(0)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔