2018年12月13日

答えを持って

自分の答えを必ず持つこと
これは社内での決めごととなっています

2つの選択肢があった時
それを誰かに伝える時には「この二つがあり、私はこれがいいと思います。何故ならば○○だから」といったように自分はどちらなのか、それは何故なのかを明確にするようにしています
その選択肢が合っている、間違っているももちろん重要ではありますが、どちらが良いのか決める時、それが何故かを伝える時には、その前に自分で深く考えることが大事なのです

自分で考えることにより、多くの情報を知ることが出来たり、人の考えを学ぶことも出来ます
誰かに決めてもらっているようでは、いつまで経っても成長はありません

何事にも自分の答えを持つ
そうやって、人として組織として成長していきます


new_river at 06:35│Comments(0)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔