2018年12月22日

安くても売れない時代

安ければ売れる時代は終わり、価値を感じる物が売れる時代
例え100円ショップであっても価格と品質のバランスが取れていなければ売れません

建築も同じです
10年前はローコスト住宅メーカーにとても人気があり、坪単価が24.8万円で建築する会社が軒並み売れていました
しかし、今ではローコスト住宅メーカーは少なくなってしまい、中高級志向の住宅メーカーが売れているようです
これは時代背景なのか、それとも価値が認められるようになったからなのか分かりませんが、住宅のみならず車や旅行なども価値のある物が売れていることを考えると、値段だけではなく価値が重視されるようになったことを感じます

ここで勘違いしてはいけないのは、価値があれば高い物が売れるのではなく、価値とは価格と品質のバランスなので、値段同等もしくはそれ以上に価値を感じる物が売れるということです
よって、売り手側は少しでも安くできる企業努力を惜しんではいけません

プロデュースでは常に価格を安くする工夫をしています
価値の高い暮らしを出来る限りお安い価格でご提供すること
これは永遠のテーマであり、いつも実行するべき事としています

お気軽にご相談ください

new_river at 06:53│Comments(0)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔