2019年01月26日

企業ブランド

昨日は講演を拝聴しました
講師は新建新聞社の三浦社長
私が経営するにあたりとても参考にし、かつ、いつも勉強させていただいている方です
今回もかなりの衝撃と気づきをいただきました
その中で、これからやるべき事、進むべき道が見えてきました

「企業ブランド」

多くの企業は物を売ることにより、ビジネスを成り立たせます
そのためにホームページや広告では、その商品の特徴や良いところを沢山紹介します
買っていただくためにその価値を出来る限り伝えようとしているのです
これは決して不必要なことではありません
しかしながら大切な順序があったのです

商品を売る前に、売っている企業を知っていただくことが大事であること

まずは会社を知っていただけるように、会社の信念や理念、そこで働く人や会社内の様子や雰囲気などを伝えることで会社に興味を持ってもらうこと
売る物はその次なのです
自社のオリジナル商品で無い限り、どこに行っても同じ物が買えるとすれば、選ばれる選択肢は価格、サービス、対応力、そして会社の様子
私たちのような建築業は完成の形が無い状態で、お客様から選択されます
だとすれば、会社のカラーやイメージを感じてもらい、どれだけの実績や提案力があるかを伝えなくてはいけないのです
企業ブランドは何か?
多くの人に分かりやすく伝えていく必要性を強く感じています

今年はこれまでと同じ事をするのではなく、いろんな部分を見直したり、新たなことにチャレンジする年
企業の価値もより分かりやすく表現出来るようにしていきます
同時に経営理念を常に意識した行動を徹底していきます



new_river at 06:55│Comments(0)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔