2019年07月07日

相場

価格を決める時、まずは相場を知ること
お客様が買っている金額が分かれば、その価格で作ることが出来るか、販売することが出来るかが商売の鉄則であると考えています
間違えてはいけないことは、売り手が売りたい金額で価格が決まるのではなく、お客様が欲しい、買える金額で販売することが売れる方法なのです
いろんな会社やお店を見ていると、時に価格と内容のバランスが明らかにおかしい商品があります
これらは売り手が相場を知らずに価格を決めていたり、実際にかかった金額(原価)に利益を乗せた価格であることが多く、そういった相場と違う商品は売れることはなかなかありません

この商品はいくらで売れているのか、いくらだったら買ってもらえるのか
この二つを知り、実践することでそれなりに売れていくのです
相場を知ることは売れる価格を知ることなのです

今の時代、世の中にはいろいろな商品があります
自分がその商品を売ろうとする際に相場を調べ、その価格で売れるかどうかを見極める
その価格は高くもなく、安くもなく、相場であれば売れる

お客様が買う価格
これが相場です




new_river at 06:48│Comments(0)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔