2019年07月11日

批判はしない

国政選挙が始まり連日活動の状況が報じられています
国会には与党と野党があるのですが、与党の政策提案に対し、野党は与党の批判が多い
今回は立候補者より消費税増税、人口減少や少子高齢化の対策、社会保障など様々な課題が語られています
日本の行く末はとても気になりますし、関心を持って投票しなければいけないと思っています

それにしても批判めいた発言や話しは昔から変わりません
聞くのも嫌になってきます
批判をする時は、必ず代替案を合わせて伝える
代替案が無いのであれば、批判はしないこと
そもそも批判だけしていても何かが生まれてくることはない
大事なことはどうすれば上手くいくのか、上手くやれるのか

私は経営者なので、批判を考えるのであれば、成功する方法を考えるために時間を使います
人の言うこと、やることは良いところだけを学べばよく、そのためにエネルギーを使うことで成功の可能性がより高まると思っています

これからも批判をすることなく、批判を見ることなく、良いところを見ていく力を養っていきます


new_river at 06:50│Comments(0)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔