2019年08月05日

季節で売れるモノ、売れないモノ

今年は夏があるのかと思っていましたが、梅雨が明けると毎日暑い日が続きますね
こまめな水分補給などをして熱中症対策は万全に

これだけ暑いとついつい冷たい飲み物、アイス、冷やし中華や素麺などの冷たいモノが欲しくなります
暑くなるとこれらの商品や食べ物が爆発的に売れるのです
一方で温かい飲み物、食べ物は売れ行きが悪くなります
この様に季節や気温、気候によって消費が大きく変わります

富山県で考えると、雪が降る冬に海で泳ぎたいとは思えず、家を建てようとも思わないかもしれません
季節によって売れるモノ、売れないモノがあるのです

私は経営者なので、冬に売れなくても夏に売れるからいいかとは思いません
確かに消費量の増減はありますが、少なくなってもゼロになることがなければ売れる可能性があるということです
全体消費量の少ない時に売れるモノこそ、価値の高いモノだと思うのです
消費量が少ない時期だと諦めた瞬間、売れなくなります
価値のあるモノは季節に関係なく売れるのです
季節という外的要因を言い訳にしない
売れるのは価値のあるモノ、売れないのは創意工夫が無いモノ

真夏日は続いていますが、この暑さと同じくらいの熱さで毎日絶好調で営業中です!



new_river at 06:25│Comments(0)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔