2019年08月09日

空き家の有効活用

空き家がどんどん増えている
現在の空きや率は統計で約13%といわれています
空き家と認識されていない家は含まれていないため、実際にはもっと多いと思われます
また、地域によっては空き家の数の方が多い場所もあります
このまま放っているとこれから空き家はまだまだ増えていきます
建築業を営む立場として、空き家問題に創業時の約15年前より取り組んでいます
もともとプロデュースの創業時は空き家をリフォームして販売することから始まっており、これまでも数多くの空き家再生に取り組んできました

20190809_062214
北日本新聞発行のまんまる9月号「古民家再生特集」でプロデュースが手がけて運営もしております「内川の家〜奈呉〜」が紹介されました
築100年を超える住まいだった建物を現在はゲストハウス(民泊)として営業をしています
今年3月末にオープンし、連日、日本のみならず世界各国の方にご利用いただいており、日本の文化と歴史に触れたり、地域の資源を感じていただく観光などを楽しんでいただいています

この状況を見て、これが空き家の有効活用の一つなんだなとしみじみと感じています
第2弾、第3弾とゲストハウスをこれから増やしていき、空き家問題を解消していけるように努めていきます

「内川の家〜奈呉〜」も是非ご利用ください

new_river at 06:52│Comments(0)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔