2019年08月21日

中年の役割

若い若いと思っていたらあっという間に47歳
気持ちはいつまでも若さを持ちつつも、社会では立派な中年です
60歳まで元気で志事出来ると考えると、あと13年
これまで頑張ってきた期間の半分以下となりました
それはそれで気にしなければいいのかもしれませんが、自分の人生は自分だけが楽しくあればいいものではない
だんだんとそう思うようになり、これからの人生は人に喜んでもらうために生きていくことにしています
これこそが社会における中年の役割ではないかと私は思っています
中年は諸先輩より引き継いだこと、これまで経験してきた良いことだけを次なる世代や今頑張っている人にしっかりと伝えていくことであるとが役割と捉えています

これまでの10年とこれからの10年は時代のスピードが違い、社会の変化が早くなっていきます
早く行きすぎるでもなく、遅れるでもなく、時代のスピードに合わせて変化していける者が生き残れる時代
これまでと同じ考え、同じやり方ではなく、時代に合わせた考え方とやり方で中年らしく、これから次代を担ってくれる人と共に成長していけるように努めていきます

new_river at 06:47│Comments(0)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔