2019年12月27日

皆が喜べること

私のビジネススタイルは皆が喜べることを考えて行うことです
お客様、関わる人、自分たち全てがWIN-WINであることしかしません
このスタイルを守り続けているから今があると思っています

どうすれば喜んでいただけるのか、どうなれば喜べるのか
喜ぶことを考えて、喜ぶ、喜べる姿が想像できれば進めることとしています
皆が実際に喜べることは継続と進化していきます
一方で誰かが悲しんだり喜べなければ長く続くことはありません
皆が喜べることはビジネスの成功であると思っています

今も多くのビジネスプランを考えています
その全ては皆が喜べること
想像するだけでワクワクします
来年には実行できるように準備を整えていきます

new_river at 06:31│Comments(0)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔