住まいのあり方変わる

2020年05月08日

これまでとこれから

どの業種もどの会社も現在の状況を乗り切るのに必死です
もちろんプロデュースも同様で、今やるべきことに集中しこの状況を乗り切るために頑張っています

私は経営者なので今を乗り切ることと共にその後の準備も同時に進めています
建築業界にとっては今回のコロナウイルスの影響は今よりも終息後の方があると思っています
生活は戻ったとしても生活水準は今と同じであるとは思えません
社会では人が余り、給料が減り、雇用も不安定になるかもしれません
そうなると高額な出費を要するものの売れ行きは鈍ってしまいます
住まい、車など生活に必要であったとしてもこれまでのような高級な物ではなく価格を押さえ、かつ価値の高いものが売れる時代になると感じています

これまでとこれからとは世界が変わる
今は自分のイメージでしかありませんが、そうなると思って今のうちに準備を進めていきます
これからの時代に合わせたやり方に変化していく
この柔軟さが生き残る企業だと考えます


new_river at 05:42│Comments(0)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
住まいのあり方変わる