間取りの考え方 〜洗面室・脱衣室〜間取りの考え方 〜主寝室〜

2020年05月23日

間取りの考え方 〜物干しスペース〜

今回は物干しの配置について

洗濯物をどこに干すのか
これは間取り配置の際に決めておくことがとても重要です
どこにでも干せると考えていては室内の景観を悪くすることも考えられます
一昔前は外に干したり、屋根しかないスペースに洗濯物を干すこともありましたが最近ではほとんどが室内に物干しスペースを設けています
ドラム式洗濯機や乾燥機を利用する場合は物干しスペースは不要なこともありますが、それでもスペースとすれば1〜2畳分ぐらいは欲しいところです

どこに設置するかですが、太陽の光で乾かそうとすれば南側もしくは西側に配置、暖房機や除湿器などで乾かすとすれば日当たりが悪くても風通しがいい場所であればいいかと思います
プロデュースでは物干しスペースは1Fの脱衣室近くをお勧めしています
その理由は脱いだ服を動線短く洗濯し干せるからです
脱衣室用の暖房付換気扇やランドリー用除湿器があれば日が当たらなくても数時間で干すことが出来ますのでオール電化住宅であれば電気料金のお得な夜の時間帯に機械を動かせばとてもお得です

物干しスペースは共働きが多い富山県ではとても重宝します
新築の際はあらかじめスペース確保しておくことをお勧めします

new_river at 06:19│Comments(0)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
間取りの考え方 〜洗面室・脱衣室〜間取りの考え方 〜主寝室〜