間取りの考え方 〜物干しスペース〜間取りの考え方 〜子供室〜

2020年05月24日

間取りの考え方 〜主寝室〜

今回は主寝室について

まずは寝室は1Fと2Fのどちらに設けるか
建物全体の1F2Fのバランスを考えて決めるのも一つです
建物の全体コストを下げるのであれば1FにLDKを配置した場合は2Fに配置したほうがより総二階(1Fと2Fが同じ面積)に近くなります
一般的には2階建ての場合は2Fに配置することが多いです

プロデュースでは寝室の使い方を伺い大きさのご提案をさせていただいています
寝室でテレビや映画などを見ることはあるのか、趣味や書斎などのスペースが必要かを伺っています
寝室に独立した空間を設ける方も多くいらっしゃいます
その一方で寝室は寝るだけという方も多いのです
最近では核家族化の増加により単世帯が多いのでテレビや趣味はリビングルームやその付近で行い、寝室は全ての用事を終えて寝るだけ
そうなると寝室の広さはベッド2台が置けるほどのスペースがあれば十分ということになります
おおよそ6畳もあればといったところでしょうか
よって最近は多目的に利用できる大きな寝室か、ベッドを置くだけの小さな寝室に分かれています

寝室のあり方も目的次第で家全体が大きくも小さくも出来ます
ご参考になれば幸いです

new_river at 06:34│Comments(0)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
間取りの考え方 〜物干しスペース〜間取りの考え方 〜子供室〜