深く知る今が頑張りどころ

2020年06月10日

マイナスを発しない

誹謗中傷による問題が話題となっています
誹謗中傷は人として最低の行為だと考えます
誰かもわからない、その人が居ないところでの人の悪いことは絶対に言うべきではありません

人と話をするときにマイナス要素がある話をすると、聞いている人が嫌な気分になってしまいます
話す人は話すことにより同調を求めたりストレスを発散しているのかもしれませんが、聞いているほうは気持ちが悪くなるばかりか、その人をもマイナスに見てしまいます

私はマイナスなこと、人にとって気分を害することは一切発しません
人と話をするときは相手にとっても自分にとってもプラスになることや楽しいことを意識しています

そもそもプラスやマイナスは自分の思考が決めているのです
自分の中でマイナスなことをプラスに転換できるようになることが大事なのです
あの人は素晴らしいと思う人にマイナス思考の人はいません

プラスを発すればプラスなことが起こる
マイナスを発すればマイナスなことが起こる
これは伝播なのかもしれません
そうであるならばプラスを発していきたい


new_river at 06:11│Comments(0)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
深く知る今が頑張りどころ