土地下落失敗から学ぶこと

2020年07月03日

喜ばれること

人に喜ばれることを志事とする
プロデュースは建築に拘ることなく人に喜ばれることを業としています
よって、どうすれば、何をすれば人が喜んでくれるのかを常に考え行動するようにしています
言われたことや頼まれたことをするのは誰にでも出来ますが、そこに喜びが無ければただの作業となってしまいます
お客様や仲間などに感謝されたり、喜ばれたりすることは自分も嬉しいだけでなく、もっと喜ばれたいと思うのが人の本質であると思っています
そして喜ばれることは、人として頑張るエネルギーやきっかけになるのです

喜ばれること
それは決してお金で出来ることもお金で得られることでもなく、心と体で出来ること
誰にでも心があれば今からすぐに出来る
喜びにあふれた社会であるために、まずは自分から

new_river at 06:07│Comments(0)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
土地下落失敗から学ぶこと