業種ではなく創業者支援

2020年07月30日

災害と向き合う

ここ数年、自然災害が多い
雨の降り方も以前とは違い集中的な豪雨となり、河川の氾濫やダムの決壊なども心配です
人的な被害も多くなってきています

私は建築に携わる者としてこの自然による災害に対して、その原因や原理を理解して被害を最小限に抑えられるような建物をつくることが使命であると思っています
幸いにして富山県は災害が少ないものの、いつ災害が発生してもおかしくはありません

浸水しないような建物の高さを考えたり、流されたり飛ばされたりしないような丈夫さを考えたりとこれまでより災害に対する意識を高めた建物計画をする必要があると考えています
予想することも難しい自然災害
いつ災害が発生しても命を守ることが出来るような建物をこれからも追及していきます

new_river at 06:08│Comments(0)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
業種ではなく創業者支援