コロナで苦戦限界を超えろ

2020年11月19日

企業努力

いいモノを安く
多くの人が望むことでもあります
特に同じ商品やサービスであれば安いに越したことはありません
企業やお店側が少しでも安くお客様に提供するためには利益を削るか工夫をするかが必要となります
売り手側はこれまでと同じ売り方で利益を削って提供することは長く存続することは出来ないと私は思っています
一時出来ても長く提供出来ないのであれば最初からやるべきかどうかを判断する必要があります

いいモノを安く販売するためには企業努力が必要なのです
製造で考えれば、同じ時間でこれまでより多く商品を作ることが出来れば安く提供することが出来ます
営業で考えれば、同じ時間でより多く販売することが出来れば安く提供することが出来ます
この様な企業努力をすることで安く販売しても一つあたりの利益率や額が低くても経営として健全な状況となるのです
安売りして苦しくなる企業やお店は企業努力よりも目先の売上に走ってしまうケースが多いのです

企業努力はこれで良しはなく、永遠の目標でもあります
日々、自分の動きに無駄は無いか、チームワークはいいか、生産性は高いかなどを意識して改善していくことで販売コストを下げてもいい状態を作ることが出来ます
企業努力を常にしていくこと
容易に真似できないレベルまでの努力が必要と考えています

new_river at 06:09│Comments(0)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
コロナで苦戦限界を超えろ