努力異業種からの学び

2021年08月06日

人の役に立つ

人は人の役に立つことで喜ぶことが出来、人の役に立つために頑張ることが出来る
自分の考えや行動は人の役に立っているか、人は喜んでくれているのかを考える

仕事とはお客様からお願いされること、同僚から頼まれることを行うこと
しかし頼まれたことを頼まれた内容でしか行わなければ、そこにそれほどの感謝は生まれません
感謝されたり感動されたり喜んでいただけたりするのは頼まれたこと以上があるからなのです
期待以上、想像以上があるのです
よって誰かに何かを頼まれたときは、どうすればその人の期待と想像を超えることが出来るかを考えることがとても大事です

人の役に立つ、人に喜んでいただく、そして必要とされる人となる

そうなれば必ず成功できると信じています

new_river at 05:48│Comments(0)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
努力異業種からの学び