着眼トップとして

2021年09月04日

売上の柱

世の中の多くの業態がコロナの影響を受けています
ごく一部の業種や企業は業績が良くなっているようですが、ほとんどの業種や企業は他所なりともマイナスの影響を受けています
この状況をじっと見守っていてはいつになると以前の状況に戻るのか、はたまたもうしばらく同じ状況が続くのかは今のところ分かりません
そうなると今出来ることからでも進めていくことが得策と考えるところです

私は今回のコロナ禍において強く感じたことがあります
それは一つの業種で続けるのは経営としてリスクが大きいということです
言い換えればいろんなことをすることでリスクが分散されたり、ある事業がダメでも他の事業でリカバリーできるということです
今回は特に飲食店関連や小売りのお店や会社が大打撃を受けました
その受けたマイナスをリカバリーすることが出来なければ継続が難しくなります

売上の柱となる事業を複数持つ
これこそがこれからのビジネスを長く続けることが出来る一つの要素だと感じています
ここ数年でプロデュースは住宅以外の建築にも取り組ませていただくようになり、現在では売り上げの半分ほどが住宅以外の建築となっています
これも売り上げの柱になっています
今年は住宅以外の売上を確立するための準備を整えていく予定です

永続的に発展する企業を目指して積極的に挑戦を続けていきます

new_river at 05:55│Comments(0)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
着眼トップとして