2006年06月25日

吉本興業はすごい会社だ

土日とお休みをいただき大阪へ行ってきました
吉本新喜劇を見にNGK(なんばグランド花月)へ行って吉本興業のすごさを体感しました。
吉本興業と言えば良い意味で「ケチ」な会社のイメージが自分の中にありましたが
いろんな場面で「ケチ」さを見させていただきました。
「ケチ」は違う意味で商売が上手い
まずは、大阪に着く手前の高速のサービスエリアで若手芸人がバスに同乗し、
自分の持ちネタを披露サービス満点な会社だなと思い感心していると
直後にバス限定お土産の販売ほんとにバスでしか売っているかどうかは
定かではありませんが、ほとんどの人がバス内でお土産を購入!
一気に何万円もの売上を達成注文した土産は、帰りのバスにしっかりと乗っていた。
さすがは、タダでは帰らない吉本興業
会場に着くとすぐに記念撮影別に芸人と写るわけでもないのに、全員で
Vサインをした写真が全員に配布もちろんこれも有料
会場内では、飲食禁止かと思うと持込OK、飲食OK、おまけにたこ焼きや飲み物を売る
売り子の人が大勢で、そこでも雰囲気に負けてたこ焼きと飲み物を購入
舞台が終わって、外に出ると吉本興業がらみのお土産ショップがずらりと並び、
そこでも大勢の人がお土産を購入!

タダでは転ばないのが吉本興業
すごいのが嫌みのない徹底されたサービス
ほとんどの人が、楽しそうにお金を落としている姿を見てすごさを体験しました。

新喜劇を見るためのお金だけではなく、いかに付随した商品を売るのかを考えた
行動とサービスはたいしたものです。
楽しませていただきながら、学びを得た良い一日でした。

new_river at 22:54│