2006年06月26日

マンション建設が増加

「マンション建設が増えている」都会の話題だと思っていたらそうではない
しっかりと富山県にも県外からのマンションメーカーが多く進出して市街地を中心に
あちらこちらでマンションを建設しています。
耐震偽造問題で減少するのかと思いきや、すごい勢いです
ただ、建設に至っては近隣の地域住民からの理解は得がたく反対運動もあるようです。
それより、どのマンションも30〜100戸の世帯数が多く、この富山県にそんなに
マンションに住む人がいるのかどうかが不思議です。
どの県もそうなのかもしれませんが、以前の市街地中心部は空洞化しています。
そこへマンションが建設されるケースが多いのですが、確かに交通や買い物、学校等の
利便性は良いと思いので住む人もいるのかな〜と思わせられます。
住宅着工数も減少しない中、マンション建設の増加
人口が減少する中で不思議なのですが、核家族化は進んでいます。
この状況はいつまで続くのだろうか・・・


new_river at 08:57│