2007年06月13日

ペット同居可能マンションの増加

2006年度に首都圏(東京・神奈川・埼玉・千葉)で建設供給されたマンションは
74463戸で、その内ペット飼育可能なマンションは55511戸だそうです
実に74.5%になりますそれも昨年度より10ポイントのアップなので
時代のニーズを感じます
最近ではペットの足を洗うスペースやペットサイン付きエレベーター、グルーミング室等の
飼育専用設備を取り入れているマンションも多いようです

ペットはお世話をしなければいけませんが、それ以上に家族の癒しとなっているので
小型犬などは特に人気があるようです。
昔のイメージだとゴールデンレトリバーなどの大型犬の金額が高いイメージがありましたが
最近では小さい犬ほど高級のようです。
今では軒先でペットを飼育するのではなく、室内でペットを飼育することが多いので
時代の変化も感じます



new_river at 10:25│Comments(0)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔